残念なお知らせ、NHKクローズアップ現代について。

◆残念

水曜日に放送された「クローズアップ現代+」について。ここでも告知などしましたので、もしかしたら見てくれた方もいらっしゃると思います。
ただ、最初に言っておきますと、かなり事実をねじ曲げられた演出になっていました。それで出演した子やうちの事がネットで色々言われているという話しを聞きまして。(私はエゴサーチしません)あまりこういう批判的な事を発信するのは嫌なのですが、私だけの問題でも無いので今日はこの事について書いておきます。

それではまずはさとみちゃんが書いたブログも見てください。

note(ノート)

こんにちは。眠れない時ほどどんどん眠れなくなるっていうあの感じはなんなんだろうと思う高橋さとみです。 今日はですね!…

 

このブログを見ると色々な演出があったのは分かると思います。私も放送中に人生相談みたいな事をしているシーンがありますが、そもそも何をイメージしているのか分からないけどあれはオンラインサロンっぽい事をして欲しいという依頼があり。普段Zoomで交流会程度の事はしていたので、他のメンバーさんにも協力してもらいなんて事ない会話をしていたのですが。記者の方が考えた質問をさとみちゃんが言い、それに回答してる一瞬だけを切り抜かれました。どうやら相談所みたいのがオンラインサロンだと思っているみたいです。

そして、まったくもって謎なのが。オンラインサロンでは「否定してはいけないルールがある」みたいな。誰がそんな事言ったのでしょう?
お互いを肯定し合う場所、まさに宗教とか詐欺のような集まりである雰囲気を出したい感じ丸出しです。

そして、最後に心理学者とか言う人出てきた時はもう笑うしかなかったです(笑)
いったいオンラインサロンを何だと想像しているのでしょうか?

そもそもが避難所的な場所だと思っているとろがよく分からない。この番組の流れで行くと、オンラインサロンは心を病んでしまった人の避難所で、オンランでつながりを作る事で安心感を得ている。だからそこにつけ込み詐欺をする奴が出てくるみたいな感じになっていますが。
運営している人にもよりますけど、基本的にオンラインサロンは新しい事を学ぶ場です。英会話教室やスポーツのスクールなどと何も変わりません。それをオンライン上でやり取りする事で、効率よく住んでいる地域なども関係なく学べる場所になっているからその方が便利な人もいるわけです。
あそこの英会話教室良かったよとか、あそこのスクール良かったよという会話しますよね?それがあそこのオンラインサロンよかったよと言うと、騙されるとか、信者だとか言ってるのが理解していない証拠です。

 

◆時間の問題

それでは愚痴の方はこれくらいにしておきまして(笑)
オンラインサロンという仕組みはこれから必ず広まりますし。当たり前になる世界が来るのでせめてこのブログを読んでいる方はいまからチェックしておいた方がいいです。
ちなみにいま、スノーボードの人でオンラインサロンを立ち上げる準備をしている方がいて。私も色々と相談に乗らせてもらいました。(誰かはまだナイショね)

私が知っているオンラインサロンオーナーは相当な覚悟を持ってやっています。これだけ自分が全面に出て運営しているわけですから、全てが自分の責任になりよほどの信用と実績が無いとできません。
そして利用する方は誰が教えてくれるか分からない場所へ直接行くより、この人に教えてもらおうという選択が簡単にできるわけです。さとみちゃんのブログでも書いていましたけど、今後はスノーボード習うならスクールに入るかお店に通うかオンラインサロンに入るかという選択肢が増えます。
例えば、神奈川に住んでいて、Aさんの発信しているブログやSNSの情報を見てその考えに共感しているけど、Aさんが運営しているスクールは新潟にあり、直接教わるには時間とお金がものすごくかかってしまう。でも、Aさんがオンラインサロンを運営しているならそこにアクセスすれば直接色々な事が学べるという感じで、住んでいる場所は関係なく特定の人から直接学びたいというのができるようになり。番組の中にも出てきましたけど、オリエンタルラジオの中田さんから直接学びたいという事ができるようになり、堀江さんから直接学びたいという事が簡単にできるようになったわけです。

これは要するに、テレビとラジオしかなかった場所にYouTubeが選択肢として増えたようなものです。好きな芸能人がいるけど、テレビは不特定多数の人が出てくるから、中には知らない人の話しまで聞かなくてはいけないので、だったらその人のYouTubeを見た方がいいし。テレビやラジオは地域によって放送されないという事があるけどYouTubeは世界中どこにいても見れるし、いつでも見れるから便利なんです。
いままでは近所のスクールに入るかお店に通うかだったのが、オンラインサロンという仕組みによって、住んでいる場所も関係なく目的の人からいつでも学べる環境ができたので便利なんです。

そんなYouTubeも最初は怪しいとか、あんなふざけた事して稼いでるとめちゃくちゃ叩かれてたけど、今となってはYouTuberなんていう仕事が当たり前になり、多くの方がチャンネルを持ち、憧れの仕事にもなっていますから。そしてこれだけ数が増え淘汰されると今ではしっかり続けられている人は「すごい」になっていますよね。
オンラインサロンもいまは怪しいと思われていても、これだけ利用する人がいて、これだけ増えているという事は皆んなにとって便利な仕組みだからです。そしてここから淘汰されて行くと、オンラインサロンの運営を継続できる人は「すごい」という時代が来るのはもう時間の問題です。
反対にこれから自分のやりたい事に向けてオンラインサロンを運営したいと思っている方もすぐに動き出さないと遅れてしまいます。

 

◆やりたいですか?

番組中でもそうでしたが、すぐにお金の話がクローズアップされるので、サロンオーナーは楽して稼いでると思っているところもまったく理解出来てない。こんな事言うのもなんですけど、ハッキリ言って割に合わないですから(笑)
まず言うと、オンラインサロンオーナーというのは、皆さんから幾らもらっているのかハッキリしているじゃないですか。会費×人数ですぐに分かりますよね。という事は変な話し、給料明細をさらしながら活動をしているようなものです。金額が見えているからすぐにお金の話になるのだと思いますが。
例えば私で言うと、ほぼ毎日ようにサロン内ブログを書いて色々な情報を発信し、勉強会や講習会をやり、メンバーさんの投稿なども全てチェックし、イベント企画してツアーやレッスンして、そして私がどこで何をしているか、これから何がしたいかという報告もしているので。365日、寝ている時以外のほとんどを休みなくここに注いでいます。
やりたいと思います?笑
それでも私は皆んなに伝えたい事があるし、多くの人の力を借りてやりたい事もあるので続けています。もちろん、私以外のちゃんとしたサロンオーナーさんは、相当な力を入れて運営しています。さきほども言いましたけど全てが自分の責任になるわけですから、それ相当の覚悟が必要なわけです。

 

◆最短を行く

すでに上手く活用している人はオンラインサロンで新しい事にドンドン挑戦しています。
そんなエピソードをひとつ言うと。私のオンラインサロンに入っている方で、今シーズンスノーボードをはじめたばかりの滑走歴4ケ月で先日バックカントリーに行く事ができた方がいます。
元々バックカントリーに行ってみたいと言うのもスノーボードをはじめたきっかけのひとつで。最初から私のサロンで練習をして、最初から切磋琢磨できる仲間がいて、スノーボードを学べる最高の場所があり(自分で言うなって笑)、もちろん自身の努力もありますけど。多くの方のサポートがありこれだけ最短で実現できたのは間違いなくこの仕組みがあったからだと思います。
zoomで人生相談してるだけでこんな事ができますか?(最後にもう一回愚痴、笑)

 

何かを習うならその道のスペシャリストに聞くのが最短で、そこに最短でアクセスできるようになったのがオンラインサロンだと思ってください。それってお互いにとって良い事じゃないですか、伝えたい側(サロンオーナー)も本当に自分の持っている知識や経験を知りたいと思っている方に伝える事ができて、利用する側も最短でそこにたどり着くことができる。さきほども出た、中田さんや堀江さんに直接アクセスしようと思ったらどれだけの時間と労力が必要かイメージしてみれば分かると思います。
少しでも気になっている方は別に私のところに限らず新しい選択肢としてぜひオンラインサロンを活用してみてください。

 

◆取材を受けて

オンラインサロンと言うものが少しでも広まればいいなと言う思いで取材を受けましたけど、非常に残念です。NHKの方からも「こんな事になるとは思わなかった」と謝罪の連絡が来たみたいですが、あの演出見ておかしいと思わなかったのかな。しかも体験で少し入ったくらいで語られても、スノーボードした事無い人が、スノーボードの番組作っているようなものだし。こう言っては失礼ですけど、体験で入るならもっと有名なとこに入った方がよかったと思います。
私もサロンオーナーとして取材を受け、2時間以上も記者の方へ話をしたにも関わらず何も伝わってないし意味が無かった。それでもいい経験になったし世間のオンラインサロンに対するイメージが分かっただけでもよしとしておきましょう。

ただ、別にNHKを一歩的に批判しているだけではなく、実際に詐欺のような事をしている人が出て来ているのは確かなようです。NHKの方もそこを危惧されていて、その点を報道したかったという事なので、悪気がなかったというのは分かります。ようするに、裏を返せば詐欺が出るくらい良い仕組みだと解釈できなくもないですね。あとは、これからもっと整理され淘汰されてくれば詐欺もしにくくなる状況が出来上がってくると思いますので、その点については今回とても良いきっかけになったのではないでしょうか。

放送を見ていないという方はNHKのホームページから1週間の見逃し配信があります。
以上の事をふまえてみて頂ければと思いますのでお時間ありましたらどうぞ。

NHK クローズアップ現代+

クロ現プラスは、1993年から放送し続けてきた報道番組です。2021年度からは井上裕貴、保里小百合の両キャスターが現代社…

 

◆スノーボードサロンFORWARD

それでは、長々とお付き合い頂きありがとうございます。
最後に私が運営するオンラインサロンがどんなものかは、紹介ページがあるのでそちらにおおよその事は載っています。

名取崇史 公式サイト

名取崇史オンランサロン『FORWARD』は、月額会費制のオンラインコミュニティです。 オンラインを活用しながら運営してい…

さとみちゃんもブログで書いてくれていたように、本当にスノーボードが好きな人が集まっている場所です。それこそさとみちゃんもFORWARDに入ってからスノーボードを始め、道具の選び方からメンテナンスの仕方も学び、1シーズン目でハーフパイプにも挑戦して、色々な事ができるようになりました。
なんにせよ最初から自分でバインディングのセットができて、ホットワックスでメンテナンスできる人いますか?
私の経験上、長くスノーボードしている人でも正しくできている人は少ないです。
秋田からすぐに全国のスノーボード仲間ができ、スノーボードを学ぶ環境ができ、皆と同じ情報を共有する事ができた。そこに最短でアクセスできたから、オンラインサロンに入ってよかったと言っているわけで。何か間違った事を言ってますか?

こちらは、さとみちゃんがスノーボードをはじめてから2ケ月足らずの成長日記です。

 

実際にコロナでこの仕組みが加速した面もありますけど。私がオンラインサロンをスタートさせた1年前はまだオンラインサロンというものの知名度が低くイメージが悪いのも知っていましたので、始める時から批判のようなものがしばらくは続くかなという思いはありました。それでもこうやって、スノーボードの知識や技術を確実にお伝えできる場所だと思い立ち上げたので、別に誰に何を言われようとこのやり方を貫き通す覚悟だし。いまでは本当にやってよかったと思っています。

スノーボードに関して改めて言いますと、今後はスノーボード習うならスクールに入るかお店に通うかオンラインサロンに入るかという選択肢になります。それをぜひ覚えておいてください。

では!

 

Voicyでも話しています↓

Voicy - ボイスメディア

■スノーボードメーカー経営 ■スノーボードサロン運営 ■DOMINATOR WAXアドバイザー 「スノーボードの正しい知…

最新情報をチェックしよう!