エッジのお手入れしてます?

今日もちょっと昨日の『オンラインホットワックス講習会』の続きのようなお話しなんですけど。
そう言えば、「エッジのお手入れ」についてこれまでブログなんかでも一度も書いた事が無いような?

という事で、皆さんエッジのお手入れしてます?

これまでホットワックス講習会をしてきた中で、「してます」という人はおそらく一人もいなかったと思います。

ワックス講習会でも教えてます。

エッジの手入れを自分でできると思わなかった。
とか、
そもそもエッジを手入れする事なんか考えた事無かった。

なんて感じの方が大多数でしたが。
スノーボードのエッジはブレーキの役割でもあるので、エッジが丸まったまま滑るというのは。
自転車やバイク、車などで、ブレーキの利かない状態で走っているのと同じ。
自転車で坂道下っていて、いくらブレーキかけても止まらなかったら怖いですよね。
という事はやはり、スノーボードもブレーキのお手入れをちゃんとしないといけないわけです。

でもなんかエッジは触るのが怖い。
そんなイメージを持っている方も多いと思います。
エッジのお手入れというと、専用のファイルを使って削り、角度がどうのこうのとか。
そんな感じですよね。
確かに、そこまでやろうと思ったら、道具も色々と揃えないといけないし、経験も必要になってきます。
とは言え、毎回毎回チューンナップ屋さんに出すのも大変ですよね。

そこで登場するのがこちら。

ダイヤモンドストーン

 

メーカーによって商品名はそれぞれですけど、一般的には「ダイヤモンドストーン」という名がメジャーですかね。
分かりやすく言うと「砥石」みたいな感じで、包丁を研ぐのをイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。
エッジを削るのではなく「磨く」(研ぐ)という感じです。

なので、よっぽど変な使い方をしない限りは。削ってしまうわけではないので、失敗する事も無く。
エッジを良い状態でキープできるというわけです。

当然ですが、ボードは良い状態で滑った方がいいに決まっています。
細かい使い方など、『オンラインホットワックス講習会』の方でもお伝えしますのでぜひご利用ください。

エッジも磨きましょうね。

 

講習会の詳細はコチラから。

【オンラインホットワックス講習会】

 

昨日のVoicyでも話しました。

Voicy - 今日を彩るボイスメディア

ボード(板)の仕組みや選び方、メンテナンスの事、ウィンター情報など、スノーボードに関する様々なお話しをします。 ■スノ…

 

それでは今日はここまで。

 

▼スノーボードのより深い話しや、オンラインコミュニティはこちら。
↓↓↓↓↓↓↓
【スノーボードサロン『FORWARD』】

名取崇史 公式サイト

名取崇史スノーボードサロン『FORWARD』は、月額会費制のオンラインコミュニティです。 サロン内ではメンバー同士のコミ…

最新情報をチェックしよう!