1時間以上かけてた作業が、30分もかからない上に滑走性も良くなれば言う事ないですよね。

今日は茨城県からご来店頂き『スノーボード講習会+特別講習』&『ホットワックス体験教室』のダブル講習会ご利用頂きました!!

ありがとうございます!!

 

まずは『スノーボード講習会』

OGASAKA CT

 

今日はご自分のボードを持って来てくれましたので、そのボードも使って説明。

フレックス確認方法では、自分のボードを確認してみると。

「本当だ、全然違う!」と、今まで気づかなった事にも気づく事ができました。

いつも乗ってるボードの方が馴染みがあって分かりやすいですよね。

 

自分のボードを知るためにも、他のボードとの違いを知る事も大切です。

んー、何て言うんでしょう。

世間知らずみたいな感じですかね?

自分の周りの事しかしならいで生活していると、それが当たり前になっちゃうけど。

外の世界を色々見て回ると、初めて自分の世界ってこんな感じだと気づくと思います。

だからボードも自分のボードの事だけを知ろうとするのではなく。

他のボードの事もよく理解する事で、改めて自分のボードってこうゆう特徴なんだというのが分かると思います。

 

この講習会を受けてくれた方の感想は、

「もっと早く知りたかった」

「今まで何やってたんだろう。。。」

という、残念な気持ちにもなったみたいですが。

その分「ますますスノーボードが楽しくなりそう」と、言って頂いたので私としても良かったです。

 

そして、スノーボード講習会の後半は。

じゃあ、そのボードはどうやって作ってるの?

ボードってどうやって作っているんでしょう?

 

工場見学ツアー

これはこれで、かなり衝撃的な映像だった様子で。

「スノーボード大切に扱わないとダメですね」って。

そうです、私は皆さんにこれを伝えたいんです。

 

こんな感じで、

ガッツリな『スノーボード講習会+特別講習』が終了し。

お次は、

ホットワックス体験教室

 

ちなみに、

今回ダブル講習会をお申込みして頂いたきっかけというのが。

今までネットで動画とかを見て、ホットワックスをやってたんだけど。

1回滑りに行くたびに1時間以上かけてワックスしてたら。

あまりにもめんどくさいので嫌になってしまった。

それで、ペーストワックスにしようと思ってDOMINATOR WAXの事を色々調べていたら。

たまたま私のブログにヒット。

そしたら「簡単でいい」とか「無駄が多い」とか書いてあるし。

他にも、ワックスの事だけじゃなくて、スノーボードの講習会にも興味を持ってくれてご来店頂いたという流れです。

 

そして、ホットワックス体験教室を利用して頂いた結果。

「これなら全然できます」って。

まさにこないだホットワックス体験教室利用して頂いた方と同じじゃないですか!!

名取崇史のブログ

ホットワックス体験教室 昨日も『ホットワックス体験教室』ご利用頂きました。 今回もホットワックスをする事自体が初めて。 …

だからやっぱり逆効果なんですよ。

ワックスメーカーの方、聞いてます??

 

それは、ちょっとした道具の使い方ひとつでも作業効率は変わります。

スクレーパーの使い方。

 

ブラシの使い方

 

そしてちゃんと、

「DOMINATOR WAXのブラシ」で、

ブラッシングすると。

どうなるでしょうか。

 

うわっ!!

スゲーツルツル!!

これだけでもう滑りそう!!

思わず笑っちゃいますね(笑)

 

そして、さっきのスノーボード講習会と同じ。

「今までなにやってたんだろう。。。」

何でもそうですけど、

使う道具も大切だし、その使い方も大切なんです。

1時間以上かけてた作業が、30分もかからない上に滑走性も良くなれば言う事ないですよね。

 

それで、

昨日のブログでアップしたばかりのこちらの動画も早速見て頂いたようなんですが。

結構この動画も不思議だったみたいです。

 

①ワクシングペーパーを使ってない

②なぜあんなに綺麗にワックスが溶けるのか?

③アイロンを動かすスピード

 

はい、

どれかひとつでも気になった方はぜひ『ホットワックス体験教室』で!!

『ホットワックス体験教室』利用方法

名取崇史のブログ

『ホットワックス体験教室』とは「なぜWAXが必要なのか?」という基本的なところからメンテナンス作業の流れを説明し実際に体…

 

こちらも、

『スノーボード講習会』利用方法

名取崇史のブログ

『スノーボード講習会』とは、ボードの構造や仕組みを理解して頂く講習会です。何も分からず滑るより、自分の使っている道具をち…

 

スケジュールはこちらで確認してください。

 

それでは本日はここまで。

Twitterで最新情報をチェックしよう!