誰だって最初は初心者なんだから、周りの目を気にする必要なんかありません。

スノーボード講習会アフターセッション

こんなにスタートが遅れたのは何年ぶりでしょう??

今季初のカムイ御坂。

サマーシーズンインです。

 

以前からお知らせしていた通り。

『スノーボード講習会アフターセッション』という名の元に。

先日『スノーボード講習会』を利用してくれた方から、

「すぐに試してみたい」

「カムイ御坂にも行ってみたい」

というご要望から、今日は試乗とカムイ御坂デビューをサポート。

初めての室内に圧倒されています(笑)

 

よく、室内ゲレンデ行ってみたいけど「敷居が高そう」とか「上手い人ばかりなんでしょ?」とか言われる事があります。

確かにそう思ってしまうのは仕方がないかなとは思いますが。

誰だって最初は初心者なんです。

だから周りの目を気にする必要なんてないんです。

滑りたいという気持ちがあれば誰でも歓迎です。

 

そして、

今日は急遽、米倉さんもかけてつけてくれまして。

たまにはスノーボードしましょうね(笑)

 

 

ここでちょっと話しそれまして。

これ、ハーフパイプデビューの方にありがちな話しなんですけど。

スノーボードの検定ってありますよね?

JSBA(スノーボード協会)やSAJ(スキー協会)が決めた通りに滑れる事ができれば、1級とか2級と認定されるものです。

もちろんそれを否定するつもりはまったくないんですけど。

「検定の滑り」と、「ハーフパイプの滑り」はまったく別物だという事は理解しておいてください。

だから、

検定で1級取ったからと言ってハーフパイプが滑れるわけではありません。

 

ちなみに、私は検定を一度もやった事がないので、1級も2級も受かる自信ありません。

要するにまったく別の競技なんです。

 

それで、

今日も1人の方は今までずっとカービングメインで滑って来て、検定の1級を持っている方だったんです。

すると、どうしてもハーフパイプの中でも検定用の滑りが出ちゃうんですよね。

そこで、米倉さんの第一声。

「ハーフパイプの中でカービングしようとしちゃダメですよ」って。

カービングチャンプにそう言われちゃあね(笑)

もちろん検定用の練習をしたいのであればそれで構わないんですけど。

ハーフパイプの滑りをしたいのであれば、ハーフパイプ用の滑りをする必要があります。

 

とにかく、

検定の事を「基礎」と呼んだりするので、皆さん勘違いしちゃうんですけど。

あくまでも「検定の基礎」です。

ハーフパイプにはハーフパイプの基礎。

スロープスタイルにはスロープスタイルの基礎。

ボーダークロスにはボーダークロスの基礎。

ゲートにはゲートの基礎。

種目が違えば滑り方は全然違います。

それぞれの競技ごとに「基礎」がありますのでご注意ください。

ただ、

どんな競技でもボードをどうやって動かすかを意識する事は絶対に必要な事。

カービングもハーフパイプも板をどうやって動かすかイメージするのが大切です。

 

 

はい、

少々話しがそれましたが。

今日は『スノーボード講習会アフターセッション』なので、講習会で得た知識を実際に体験してもらうべく試乗の方も沢山してもらいまして。

ウェア思いっきりかぶってます(笑)

 

試乗リストはこんな感じ。

≪FOSSIL SNOWBOARD≫

・NATURAL・THE PIPE・STYLE・ALLMOUNTAINⅡ

≪MOSS SNOWBOARDS≫

・KING・TOTO BALCK

 

全部、講習会の説明でも出てくるボードだったので、

「違いがよく分かって面白かった」と、講習会の成果も出たみたいで良かったです。

違いの分かる男になりました。

 

はい、

最後は記念撮影。

お疲れ様でした!!

 

それでは、

明後日6月8日(土)も再びカムイ御坂へ出没します。

今回も先日『スノーボード講習会』を利用してくれた方達と一緒に試乗しながら滑ります。

しかも明後日は5名の参加で全員が室内ゲレンデデビューのハーフパイプ初心者という、なんとも楽しみな1日です。

試乗の方は講習会を利用してくれた方優先となりますが、一緒に滑りたいなどあれば気軽に声をかけてください。

【日時】

2019年6月8日(土)2nd(13:30-17:30)

カムイ御坂屋内ゲレンデ

 

newest営業カレンダー

6月8日(土)は臨時休業となります。

『スノーボード講習会』『ホットワックス体験教室』ご利用方法はこちらで。

名取崇史のブログ

『スノーボード講習会』とは、ボードの構造や仕組みを理解して頂く講習会です。何も分からず滑るより、自分の使っている道具をち…

名取崇史のブログ

『ホットワックス体験教室』とは「なぜWAXが必要なのか?」という基本的なところからメンテナンス作業の流れを説明し実際に体…


それでは本日はここまで。

Twitterで最新情報をチェックしよう!