『スノーボードの選び方⑤』【まとめ編】

この記事をシェアする

『スノーボードの選び方』最終章です。

まだご覧になっていない方はコチラを先にどうぞ。

【『スノーボードの選び方①』全長編】 

【『スノーボードの選び方②』曲がり方編】

【『スノーボードの選び方③』フレックス編】

『スノーボードの選び方④』ウエスト幅編

 スノーボードの選び方⑤【まとめ編】

これまで書いた事をごく簡単にまとめると。

①【全長編

ボードは全長だけで選んではいけない。身長マイナス何センチなどと言う言葉に紛らわされてはいけません。

②【曲がり方編

ボードの曲がり方はサイドカーブだけでなく、サイドウォールスラントにも注意。

③【フレックス編

フレックスは硬い柔らかいではなく「どこが硬くてどこが柔らかいか」

④【ウエスト編

ウエストの太さを気にするより①、②、③を優先してください。

例えば、私が個人的にスノーボードを買い替えるとして。

カタログからしか判断ができなかったら。

①接雪長 → ②全長 → ③サイドカーブ → ④サイドウォールスラント → ⑤有効エッジ → ⑥セットバック → ⑦スタンス幅 → ⑧ノーズ・ウエスト・テール幅

キャンバーボードを前提にした場合は以上の順番で確認します。

別にどこから見ても構いませんが、だいたい気にしてもらいたいのが以上の順番です。

ぜひ参考にしてみてください。

【まとめ】

スノーボードの選び方』シリーズはこれで終了になります。

文章で伝えるのは難しいので、これでもほんのさわり部分しかお伝えできていません。

初めて触れる方には少し難しかったかもしれませし。

長くやっている方の中には、

「本当かよ」って思う事も多々あったと思いますが。

あくまでも私がスノーボードメーカーとして学んだ経験と。

現在、自分のブランドを開発する上での「注意点」と「持論」も入っているので。

どのメーカーにも共通する話しでは無かったと思います。

ただ、スノーボードは日々進化しています。

なのにスノーボードをとりまく環境や情報は昔のまま。

だからスノーボード選びに失敗する人がいつまでも出てしまうのです。

スノーボードは簡単な道具ではありません。

全体のバランスで成り立っています。

簡単な部分しか見ていないと思わぬ落とし穴がありますので注意してください。

このブログを少しでも参考にして頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。