【GIRO】snow goggles 取り扱いスタート!!

この記事をシェアする

newestでは来シーズンより、GIROのゴーグル取り扱いをスタートします!!

まずはこちらから、

まさか新しくゴーグルの取り扱いを始めるなんて、昔しからnewestを知ってくれている方はビックリしたんじゃないでしょうか?

なんたってnewestでは、10年以上OAKLEYのみしか取り扱いして来なかったですし。

私自身も20年以上OAKLEYしか使って来ませんでしたから。

しかし、

GIROはVIVIDレンズ誕生で飛躍的に良くなったというので試しに使ってみようと。

シーズン後半はGIROのゴーグルメインで滑ってました。

当然ヘルメットとの相性もバッチリです。

その結果。

おや、

これは良いぞ。

人によって何色が苦手とか、濃いレンズが良い、薄い色が良いとかあるので、もちろん全員が当てはまるわけではありませんが。

選択肢としてはおおいに有りだと思います。

ちなみに、

私はどちらかと言うと薄いレンズが好きなので。

いつも使っているOAKLEYの「PRIZM ROSE」と、同じくらいの位置づけにあるGIROの「Vivid Infrared 58」を比較してみました。

OAKLEY PRIZM ROSE

GIRO Vivid Infrared 58

OAKLEY PRIZM ROSE

GIRO Vivid Infrared 58

見ていただいてわかるように、凹凸の見え方に関してはどちらも素晴らしいですよね。

それでは、VIVIDレンズについてはGIROホームページより抜粋。

VIVIDレンズはGIROと光学分野の世界的権威であるZEISS社が共同で開発しました。特許を取得しているこのVIVIDレンズ技術は長年に渡る雪上での研究から生まれました。
一般的にゴーグルやサングラスはブルー光線を遮断するようデザインされています。 長い間人々に信じられている〝ブルー光線=悪い光線"は間違った認識です。 雪の色とは、地球上で反射する表面の色がほとんどそうであるように白ではありません。雪は実際は青色なのです。我々の研究ではこの青色をきちんと認識することが、雪面の凹凸を判断する基本であることを証明しました。
VIVIDレンズの技術は、コントラストを高めるブルー光線は取り入れ、害となるUV光線をブロックすることで効果的にブルー光線を操作します。VIVIDレンズは視界のかすみを取り除き、視界をよりクリアにするため滑走ラインをしっかりと見極めることができ、雪上での体験をより素晴らしいものにします。

もっと詳しくご覧になりたい方かは公式ホームページにて。

【VIVID LENS TECHNOLOGY With Optics By ZEISS】

そして早速ですが、お店の方にはすでにサンプルが展示してありますのでご覧頂く事ができます。

のぞいてみてください。

さらに!!

GIROゴーグル取り扱いスタート企画!!

こちらは、

第二弾newest公式LINE限定特別企画として近日中にお知らせします!!

いや、

近日中というか。

明日にはお知らせできると思いますので、必ず今日中に登録を済ませておいてください!!

GIROゴーグル以外の追加のお知らせもありますのでお楽しみにーーー!!

newest公式LINE@登録方法

LINEアプリ『友だち登録』をお願いします。
↓↓↓
友だち追加数

①名前検索方法

LINEホーム画面の【その他】を選択

【公式アカウント】を選択

検索ウィンドウに『newestsnow』と入力

newest公式アカウントへ!

②QRコード

LINEホーム画面の【その他】を選択

【友だち追加】を選択

【QRコード】を選択

コチラのQRコードを読み取らせてください

LINEアプリをお持ちでない方はコチラからダウンロードできます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://line.me/ja/


それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。