続「ワックスは 当てに行くより 外さない」

この記事をシェアする

菅平高原パインビークスキー場3日目は「スノーボード全日本選手権ボーダークロス」

今年の全日本選手権最後の競技です。

今日もnewestチームから地区予選を勝ち上がり出場する選手がいるので、ワックスサポートしてたんですけど。

今日のコンディションは、雪が降ったりやんだり。

日が出ると暖かいし、雪が降れば寒くなるし。

吹雪いてたと思ったら。

急に晴れたり。

こうゆう時は本当にどうやって仕上げるか悩みます、、、

今日主に使用したのはこちら。

なんか昨日のブログは好評だったらしく、すでに400近いアクセスがあるんですけど。

ここでも書いた通りワックスに正解は無い!!

刻一刻と変わるコンディションに合わせてワックスを決めるのは本当に難しい。

今日みたいに天気もコロコロ変わると尚更。

なので後はもう経験と勘しかありませんが、大事な試合でボードが走らないなんて事になっては申し訳ないですから。

なので、今日は自分のボードにもスタートワックス入れて滑らせてみたりしながら試行錯誤した結果、これをメインで使いました。

RACE ROCKET

レースで使用するスタートワックスと言えば、よく魔法の粉なんて言われるパウダー状の物をイメージすると思うんですけど。

あれは当たれば凄い威力を発揮するけど、ハマらなかった場合には外すリスクも兼ね備えています。

なので正直ちょっと使うのが怖いんですよね。

ただ、今ままでの経験上この「RACE ROCKET」は当たり外れがほとんどないと感じています。

「湿度に対して適応範囲が広がりました」との事。

【ドミネーターワックスホームページより】

やっぱりね、

「ワックスは 当てに行くより 外さない」

これが大事なんじゃないかと私は思っています。

時には勝負かける時もありますが、これが私の基本概念です。

しかし、残念ながらnewestチームは2回戦敗退で全日本選手権が終了しました。

今年は怪我があったりと思うように滑れなかったみたいで、無念の結果となってしまいましたが。

また来年に向けて頑張りましょう!!

ボーダークロスは何が起きるかわかりません。

そして、

3日間の全日本サポートも終わりまして、今年のスノーボード全日本選手権も全ての競技が終了。

newestチームの結果は、

私がハーフパイプのシニアメンクラスで3位。

あざっス!!

元チャンプがデュアルスラローム・ソフトブーツエキシビジョンで2位。

来年はもう一個上を目指そう!!

その他、スノーボード全日本選手権の結果や画像動画などは公式ホームページにて掲載してます。

【第37回JSBA全日本スノーボード選手権大会】

年に一度のアマチュアスノーボーダー最大の祭典ですから、これを目標に日々努力している人も沢山います。

とりあえずはひと段落ですが、もう来年に向けてスタートじゃないですかね。

残りのシーズンも有意義に過ごしましょう!!

はい、

全日本選手権は終了しましたが、シーズンはまだまだありますし。

私の試乗会ツアーも再開です!!

まず、

明日14日(木)と、17日(日)は岐阜県・白鳥高原スキー場にて、Freakさんの試乗会が開催されますの両日共に参加します。

という事で、

私は長野県・菅平スキー場からそのまま岐阜へ移動しまして。

只今、高山駅付近に潜伏しています。

高山駅綺麗ですね。

それでは、

明日、白鳥高原スキー場でお待ちしています!!

本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。