ワックスで肝心なのは、まず汚れを落とす事。

菅平パインビークスキー場2日目は、スノーボード全日本選手権ジャイアントスラローム。

今日は快晴。

 

昨日のデュアルスラロームと何が違うかひとつ簡単に言うとコースのふり幅が変わります。

デュアルスラロームとジャイアントスラローム

 

という事は、

縦落ち系のデュアルスラロームに比べ、ふり幅の大きいジャイアントスラロームはボードにかかる圧力、それに耐えるだけのパワーが変わって来ますので。

ソフトブーツとハードブーツとの差がより大きくなるわけです。

そんな中、今日も一人ソフトブーツで参戦。

 

結果は83名中40位。

正直これでもかなり凄い事だと思いますよ。

ただ本人はかなり納得行ってない感じだったので、また来年に向けて進化して行く事でしょう!!

 

それで、

私の方は今日も1日ワクシング。

ボードの性能で勝てなくても、せめてワックスは誰にも負けないように。

そんな大会サポートで今年役立っているのがこちらの「BR」

ベースケア&クリーニング専用ペーストワックス

 

大会の場では、スクレーパーとブラッシングで滑走面を綺麗にしてスタートワックスを入れる。

というのが定番ですが。

この「BR」を使うと、スクレーパー&ブラッシングだけよりさらに滑走面が綺麗になるので、その後のスタートワックスや滑走ワックスのノリが良くなります。

BRでクリーニングすれば、ツルっツルになります。

 

ワックスで肝心なのは何より汚れです。

例えばカーワックスやペンキを塗る時など、何かを塗る時はまず汚れを取らないと、汚れた上から何かを塗っても効果が薄いですよね。

なのでスノーボードのワックスもまずは汚れをしっかり取る事。

時間が無い時は、スクレーパー&ブラッシングでもいいですけど。

今回は時間に余裕もあったので、この「BR」も使ってガッチリ汚れを落としてから滑走ワックス。

RACE BULLET/OLD SNOW

 

ちなみに、固形のワックスも生塗で十分効果があります。

固形ワックスは基本アイロンで使用する物ですので、外出先ではペーストワックスが便利ですよ、と紹介していますが。

例えば泊まりで滑りに行って、アイロンが使えない状況の場合。

スクレーパー&ブラッシングして、固形ワックスを生塗してさらにドミテックスですり込む。

そんな使い方もできます。

ドミテックス

【ドミネーターワックスホームページより】

 

なので今回は「BR」でしっかりクリーニングして、滑走ワックスも入れ、最後にスタートワックスを入れ仕上げてみました。

これだけガッツリやれば間違いないでしょ!

って事で、米倉さんからも「凄い良く滑った」とお墨付きを頂きました。

 

そんな感じで、こうゆうレース系の大会の時、スタートエリアではワックスの戦いも繰り広げられています。

ワックス大事ですから。

 

私も仕事柄他の人がどんな事してるのか、何を使っているのか色々と気になるので、チラチラ見たりしてるんですけど。

メーカー事に考え方や、やり方が違うので「へぇ」って思う事もあれば。

せっかくドミネーターのブラシ使ってるのに「その使い方はちょっと、、、」なんて事も。

いったい何がどうなって、そう伝わったのかわかりませんけど。

なんかもったいないですよね。

という事で、ドミネーターブラシの使い方は2年ほど前に書いたブログにまとめてありますので、まだ見ていない方はチェックしてください。

名取崇史のブログ

今日は親子でご利用頂きました『ホットワックス体験教室』 今回もこれからホットワックスを自分達でやって行きたいという事で、…

 

さて、それでは明日はスノーボード全日本選手権最後の競技ボーダークロスです。

今日は公式練習をやってました。

明日は全日本選手権最終日

 

こちらもnewestチームから1名出場していますので、私はワックスサポートと応援です。

それでは本日はここまで。

Twitterで最新情報をチェックしよう!