何度も言ってますが英語はまったく分かりません。

この記事をシェアする

おはようございます。

野沢温泉スキー場でのFOSSIL SNOWBOARD試乗会2日目スタートしました。

雪は良いんですけど、ガスが取れてくれたらなー、って感じ。

こんな日は人も少ないので、今のうちに昨日書けなかったブログを書いています。

と言うのも、

岐阜3日間からの中1日で野沢温泉に移動して来て、試乗会をやった結果。

昨夜は夕食後7時にはもう寝てました、、、笑

本当はちょっとだけ寝てブログでも書こうと思ったんですけど、気が付いたらもう朝の4時過ぎで。

そのまま準備したりして現在に至るという事です。

まぁ久しぶりにたっぷり寝れて良かったですけどね。

という事で、

昨日は抜群に良い天気とコンディションでの試乗会でした。

こんな良い時に試乗会できてよっかった。

こんな動画も作りましたのでよかったらどうぞ。

毎回の事ですので、慣れたもんで所用時間は30分程度ですかね。

そして準備が終われば、平日はいつもそれほど忙しくないので、私も来てくれた方と一緒に滑ったり。

お久しぶりです(笑)

自分のボードを改めてチェックしたり。

STYLE155

普段やらないような事にトライしたり。

PARK152

PARK152はアングルを前18度、後−9度という、おそらく今までやった事無いようなダックで乗ってみました。

本当は12/−12とかにしてみようと思ったけどさすがに怖くてできませんでした(笑)

いろんな滑り方をしている人がいるので、そうゆう人の気持ちも知っておこうと思ったんですけど。

私にとってはメチャクチャ滑りにくかったし、足は痛くなるわで散々でしたが。

新しい事に挑戦している気分で、なんだか楽しかったです(笑)

なので、たまにやってみるのも良いもんですね。

試乗会の方も色んな方に来て頂きまして。

ありがとうございます。

特に多かったのは外国の方。

ハロ~(笑)

実際に試乗したのはカナダから来たという4人組だけでしたが。

それ以外にも、次から次へと寄って来ては、

「これはどんなんボードだ」

「どこで作ってるんだ」

とか。

海外の方は見た事ない物や、珍しい物を見つけると興味深々なんですね。

そして、スウェーデンから来たという男性2人組の方には。

「このボードはフラットか?ロッカーか?」

と、聞かれ。

「全部キャンバー」だと答えると。

「へぇ~、オールドスタイルだね」

と言われまして(笑)

スウェーデンではどんなスノーボードが流行っているのでしょう?

そんな感じで、昨日は日本人より外国の方と話した方が多かったんじゃないかという1日でしたが色々な交流ができてちょっとだけ楽しかったです。

そして他にも、

「トイレはどこだ」

「あっちに行きたいけど、リフトはどれに乗ればいいか」

とか、なんだか案内所のような感じになっていましたが。

私、何度も言ってますが英語はまったく分かりません(笑)

でもなんとかなるもんです。

昨日の事は愛子ちゃんのブログでも。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。