見た目じゃなくて中身で選んでもらおう。

この記事をシェアする

お店に来るとまず留守番電話の解除をします。

わりと毎日2~3件は入ってる事があるんですけど、newestの場合「営業時間は3時から・・・」とアナウンスが流れるようにしているので、そうゆうアナウンスが流れたらお店とか会社の場合は留守番電話にメッセージを残さないでまたかけなおしますよね。

だから今日は4件の留守番電話が入っていたんですけど、いつも通り消化程度に「ピーーー、ブチッ、プー、プー」みたいに聞いてたんですけど。

最後の1件が再生されると「ピーー」とも何とも聞こえない?

ん?

どうしたんだろ?

そう思った時にかすかに声が!?

最初は何言ってるのか分からず。

もう一度再生。

耳をすませてよーく聞いてみると。

どうやら、

相手の方は留守電になって電話を切ったつもりでポケットにしまったのかどこかに置いたのか?

ガサガサって音がした後に遠くにいるような感じで会話が聞こえまして。

・・・・・・

「あ、3時になってないのか。まだやってないよ」

・・・・・

「なんかここの店変わってるんだよ」

・・・・・

「お店行くのに予約とかするらしいよ」

・・・・・

という感じに、

完全には聞き取れなかったですけど、そのような会話が聞こえてきました。

なんか変な事言われるんじゃないかとドキドキしましたけど。

どうやらnewestは変わったお店だそうです(笑)

でも、

そんな変わったお店も予約営業の事が浸透して来てるじゃん、って。

ただ最近「予約しないとお店行けないんですか?」なんて言われる事もあります、、、

なので改めまして。

予約営業は13時~15時だけで、
15:00~20:30までは今まで通り通常営業していますよーーー!!

それで、ついでに言うと。

まー、ごくごくまれなんですが。

なんかね、

営業時間が短いとか、週2日休みだとかで、ちょっと文句みたいに言われることがあるんですよ。

でもお店が朝から晩まで営業してなきゃいけないって誰が決めたの?

私達は週2日休んじゃいけないの?

こうやって時間を有効活用する事で活動の幅も広げられるようにしているんですよ。

ま、そうやって言う人はそもそも私達とは合わないと思うのでいいんですけどね。

大きいお店に行ってください。

はい、

なだか暗い話しになりましたが(笑)

気持ちを入れ替えまして。

そんな時間を有効に使い午前中からサクサクっと展示会周りをして来まして。

その件につきましては詳しくは愛子ちゃんがブログ書いてますのでコチラでチェックしてください。

そして私はその足で所要があり「DOMINATOR WAX」まで。

最近よく行くなー

今は2月13日~15日で開催されるウィンタースポーツ展示会に向けての準備や、オリンピック間近という事で選手のサポートやら何やらで大忙しな感じでしたよ。

正直ワックスメーカーって一般的には地味ですけど、特に競技をしている人達にとってはかなり重要なところですからね。

色々活躍を期待したいところです。

そして、

3時にお店へ戻るとすぐ「FOSSIL SNOWBOARDを予約したい」という方が来店されまして。

さっきの愛子ちゃんのブログにも書いてますが、

うちまだ来季モデル発表してないんですけど、、、(笑)

それなのに先週からもう4本もご予約頂きまして。

なんか素晴らしいですね。

新作発表していないと言っても、中身はほとんど変えないので試乗とかして頂いていれば乗り味的には問題ないですけど。

何が素晴らしいって、もう色とか関係ないんですね。

何色だとか関係無く「ALL MOUNTAINⅡ」が欲しいとか「NATURAL」が欲しいとかそんな感じに選んで頂いています。

先日ご予約頂いた方なんかは、予約の手続きを済ませてから「あれ、そう言えば来季は何色なんですか?」

なんてね(笑)

そう考えると私が追い求めて来た理想の姿がようやく着々と広まって来たのかなって。

そんな理想について少しお話ししますと。

私がメーカーで働いている頃(10年位前)は一般的にはデザインでボードを選ぶ人が多かったし。お店の人も「良いボードだとは思うんだけどデザインがなー」なんて言われる始末。

自分としては「ボードはデザインじゃなく中身が大事でしょ」「いくらデザイン良くても自分に合ってないボードで滑ってもつまらないじゃん」と思っていて。

だって私はサッカー少年だったけど、基本スパイクは黒色に白いラインが入ってるだけで、その中でも自分に合うモデルを探して使っていましたし。

最近はカラフルなスパイクもあるけど「こっちの色が良い」とか言って足に合わないスパイク履かないですよね?

そんな気持ちもあって、自分でブランドを始める時に「じゃあもうデザインはいらない」

見た目じゃなくて中身で選んでもらおう。

そう思ってブランド立ち上げから次でもう9年目になりますけど、いまだにデザインは無いまま。

なので試乗会なんかやってると全部同じデザインなのでサンプル品だと思われるのか。

「これが製品なんですか?」

と言われる事もしばしば(笑)

でもこうやって中身で選んでくれる方が増えて来ているのは実感していますし。

引き続き『スノーボード講習会』に力を入れて中身の大事さをお伝えしているわけです。

はい、

そしてそんな理想を追いかけて明日からまたこの大量の試乗ボードと。

しっかりワックスもしました。

DOMINATOR WAXのカタログも沢山持ってお出かけです。

ドミネーターワックスの良さも伝えて行きますよ。

やっぱりね、

良い物は良いで皆さんに知って頂きたいわけですよ。

でも人に何かを伝えるのは簡単な事ではありません。

だからこそ地道に、そして諦めない気持ちが大事なんです。

誰に文句を言われようと関係ないんです。

それでは、愛知・岐阜方面の皆さん明日からよろしくお願いします!!

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。