DOMINATOR WAXブラシの使い方

今日は親子でご利用頂きました『ホットワックス体験教室』

実際に体験してみるのが一番です。

今回もこれからホットワックスを自分達でやって行きたいという事で、お二人ともスクレーパーを持つのも初めて。

色々体験してもらいながら何が必要なのかなどをしっかりと説明させてもらったのでバッチリです。

やはり今までネットなどで調べていた情報とは違う事が多かったようで、危うく無駄な物を買ってしまうところでしたね。

ワックスは種類もアイテムも多すぎるのでどれが必要でどれが不要なのか最初は判断するのが難しいと思います。

実際に「無駄な物」「使わない物」を持っているという方も多いと思います。

だからこうやって最初に理解しておけば安心ですね。

それに細かい事ですけど「スクレーパーの使い方」「ブラシの使い方」も正しく使わないと無駄な労力を使ってしましますから。

という事で、

今朝こんなFacebookアップしたところですし、今日は「ブラシの使い方」お伝えしようと思いまして。

 

ブラシは掻き出すように使う

それではまずDOMINATOR WAXのブラシを用意してください。

もちろん皆さん持ってますよね。
えっ!?

まさかまだ持ってないなんて事は無いですよね??笑

もしまだ持っていない方がいましたらもちろんnewestでも販売していますが。

遠方の方やお店まで行くのが面倒だという方はDOMINATOR WAXオフィシャル通販でも購入できますでこちらからどうぞ。

【DOMINATOR WAXオフィシャル通販】

 

はい、それでまず新品のブラシを使い始める時のポイントですが。

ブラシは一方方向から使い続けた方が「長持ちします」

使う方向を決めましょう。

ロゴマークを目安にするとか実際にマジックで矢印を書いてしまうとか、何かしら目印を付けておくといいかもしれません。

こんな感じに。

ただこれに関しては絶対という訳では無く、単に「長く良い状態で使えますよ」って事なのでどちらでも大丈夫です。

そして、

DOMINATOR WAXブラシの特徴は毛が長い。

ワックスをしっかり掻き出すのに重要です。

毛が長いので全体の側面を当てるようにして「掻き出す!!」

ワックスは掻き出す。

これだけです(笑)

でもたまにゴシゴシ擦って使っている人もいますが、ブラッシングは「掻き出す」イメージで作業してあげましょう。

ウェットブラッシング

Facebookにもアップしました「ウェットブラッシング」

こちらはDOMINATOR WAXホームページより抜粋。

ブラッシングの際、きれいな水をまんべんなくスプレーしてからブラッシングすることで、ストラクチャーの中に残っている細かなワックスをきれいに取り除くことができます。また静電気を抑える効果もあります。
ウェットブラッシング覚えておきましょう。

という事です。

では早速ウェットブラッシングでカサカサになってしまったボードをブラッシングすると。

さぁ、どうなるでしょーか。
汚れを絡め取ってくれるので作業効率も良いです。
ブラシだけでこんなに綺麗になりました。

これで使っているのは『ブラス&ホースヘアーコンビ』(5,500円+税)
クリーニングから仕上げまでブラシは2個も3個も不要でこの1個あれば十分です!!

これぞDOMINATOR WAXブラシの成せる業ですね。

それでは最後にワックス関係で最近またアクセス数が上がっていますコチラのブログをまだ読んでない方はチェックしてください。

名取崇史のブログ

昨日のブログで『スノーボードの選び方』シリーズは終了しました。 次の「実践編」シリーズを書く前に。 そろそろシーズンも近…

このブログも何気にもうアメブロ時代の2年前に書いたやつなんですけどねー

まだまだ全然色あせないです(笑)

それでは本日はここまで。

Twitterで最新情報をチェックしよう!