スノーボード発展のためにもスノーボードを教える人の自覚も大事だなって話しです。

この記事をシェアする

昨日は、午後から鎌倉の海岸へ。

そう、鎌倉花火大会です。

今年も漁師の友人所有の船小屋で同級生が集まり特等席にて鑑賞。

本当、いつもありがとう!!

子供達ものびのび遊んでいます?

いや、なにやら統率をとってる大人がいますね(笑)

まぁ、それにしても昨日も楽しかった。

いつも同級生とばかりと遊んでいて、大抵は昔の話しなんかしたりするけど本当尽きないです。

しかも、いまだに「えっ、知らなかった!」なんて事が沢山出て来るし。

昨日も衝撃の告白があってかなりビックリしましたよ。

みんな色々な人生を歩んでるんですね。

で、この歳にもなると子供の話しも多くなるんですけど。

意外とサッカーやってるって子供が多いみたいで。

別に親がやってたわけではないけど、「子供がやりたいって言うからさー」なんて。

やっぱりサッカーは人気なんですねー。

でも、

最近の子供は厳しいスクールには入りたくないらしいです。

ユルユルのチームがいいみたいです。

だから「ただ遊んでるだけだよ」

なんて、言ってましたけど今はその方が良い場合もあるみたいですね。

ちなみに、

私が小学校時代に通っていた鎌倉のサッカークラブは、木・金・日の週3回の練習。

特に辛かったのが夏合宿!!

まさにちょうどこれくらいの時期にやってましたけど。

鎌倉の海岸沿いにあるホテルに泊まって、いつも練習している小学校のグランドに通い3泊4日だったかな?の日程で。

1、朝食前に海岸をランニング&ダッシュ。

2、朝食を食べてホテルからグランドまで約2㎞のランニング&声出し。

3、炎天下の中1日練習。(もちろん練習中に水を飲んではいけない時代)

4、練習が終わったらまたグランドからホテルまでランニング&声出し。

こんな事言っていいかわかりませんけど、とっくに時効だと思いますので(笑)

練習中の殴る、蹴る、は当たり前だし、とんでもない練習も沢山ありましたねー。

いやー、今思い出しただけでもゾッとします、、、

実際逃げ出していなくなっちゃう子もいたくらいでしたから相当ハードだったと思います。

しかも、私は誕生日がいつもこの合宿と重なっていたので、自分の誕生日に良い思い出がまったくありません。

だから今でも誕生日に興味の無い大人になってしまったんですね、、、

それはさておき、

その時はそんな練習が当たり前だと思ってたし。

今のように情報もありませんから他ではどんな練習してたかも知らないし。

でも、そのおかげで?

私達のクラブは神奈川県でも上位に入る位強かったです。

だからと言って、

今それと同じ事をしても絶対にダメ。

はい、前置きが長くなりましたけど今日はこれ。

この本、以外でも総じて伝えてる事は。

「今の指導者は自分の経験をもとに指導しているだけだからダメ」

というような事をどの本でも言っています。

だから仮に私がサッカーコーチになった場合。

「昔しはこうだった」とか言って。

「オラ、お前ら走れー!!」

「俺は昔しこれくらいやったんだぞー!!」

って指導してる感じ。

昔のやり方が合っているか、間違っているかは誰にも分からない事ですけど。

確かに根性論みたいのは今の時代には通用しませんしね。

だから指導者は「自分の経験」と「指導」はまた別だという事を理解して教えなくてはいけない。

その人の経験と、指導する事は別です。

いやー、難しいですよねーーー!!

だからスノーボードも「自分はこうだった(こうやった)」とか言ってもダメ。

ここ何年でも道具だって進化してるんだし、環境も違うし。

今の道具、今の環境に合わせて教えて行かないと。

というのも、

今週末は久しぶりに御坂合宿(泊りのレッスン)をしますので、改めてそんな事を思ったわけです。

「指導者は常に勉強を怠ってはいけない」

これも本の受け売りね。

まぁ、別に私は「指導者」ってわけではないけど人に教える以上はしっかり勉強しておかないといけませんよね。

頑張ります。

はい、

なんだかカタい話しになってしまいましたけど、スノーボード発展のためにもスノーボードを教える人の自覚も大事だなって話しです。

で、明日はスノーボード講習会の予約が入ってます。

これも大事な私の役割。

しっかりと正しく伝わるように日々精進です。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズンスキーで働きながら過ごす(パークディガー、インストラクター、イベント運営など)その後、国内スノーボードメーカーに5年勤務し、ボードの開発・営業を担当。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。