どうせ無理だと考えるより、どうやったら出来るかと未来を想像してワクワクした方が楽しいんじゃない。

この記事をシェアする

今日は特に用事の無いお休み。

という事でこちらの本を読み終えました。

amazon / この1社さえ知ればいい

いやー、面白かったですよ。

今年で言えば「SHOE DOG」に次いで良かったかも。

その時のブログはこちら。

アマゾンと言えばネットショッピングのイメージが強いけど、今ではありとあらゆる分野に広がっていて。

「自分はアマゾン使ってないから」と言ってる人も、どこかで必ずアマゾンに関わってると言っても過言では無い位に私達の生活いたるところに存在してるって感じ。

私も正直ネット販売のイメージとちょっと何かやってるな位しか知識が無かったので色々ビックリしました。

やっぱりこの本と合わせて読むと面白いと思う。

本書では夢物語のような話しばかりだけどそれがどんどん実現されているとことが驚きで、でもありとあらゆる事が便利になっている。

ただ、その裏では前に書いたブログでも紹介した言葉。

「Death by Amazon」

(アマゾンの出現で無くなったとされる企業の事をこう呼ぶそうです)

こんな事も実際に数多く起こっているわけで、立場によっては恨んでいる人もいるのかな?

でも利用する人達からすればどんどん便利になるし、価格も適正になっていくし、良い事尽くしのように見えちゃいますよね。

だから何が正解かはわかりませんけど、表紙に「世界最先端の戦略がわかる」と書いてある通り。

どんな小さなお店にとっても参考になる事は沢山あると思う。

逆に知って無いとそれこそ飲みこまれて「Death by Amazon」になるんじゃないかなって。

そして、

これを読み終えて改めて思った感想は。

どうせ無理だと考えるより、どうやったら出来るかと未来を想像してワクワクした方が楽しいんじゃない。

そんな感じです。

アマゾンの夢物語的な発想と戦略はこの本の中に沢山書いてあるので、気になった方はぜひ読んでみてくださいね。

そんな夢物語のひとつを本書から抜粋しますと。

アマゾンは「空に倉庫を作る」計画らしいです、、、笑

と言うのも、ドローンで配達をするというのはちょっと前から話題になってるし、日本でも楽天とかが実験してるって最近テレビでもやってましたが。

ちなみにこんな感じ。

日本やアメリカは規制の問題でまだ実現できないみたいですけど、イギリスではすでに民間テストもスタートしているとか。

でもゆくゆくは色々な国で実現され普及したと時の事を考えて、次は空の上に倉庫を作るって言うんですよ。

そんな事ありえます??

というか考えますかね普通。

要するに旅客機とぶつからない上空1万4000mに飛行船のように浮かべ、そこが倉庫となりドローンが商品をピックアップして空から配達してくれるらしいです。

もはや漫画の世界じゃん!!

でもそれをすでにアメリカで特許出願してるって言うんだからマジですよね。

だからね、これは規模がデカすぎだけど。

どんな些細な事でも「そんなのどうせ無理だ」とか言って思考を停止するのではなく、「どうやったら出来るか」という事に頭を使った方が前向きになれて楽しいんじゃないかなと。

改めてそう思ったわけです。

そして、うちの話しに変わりますと。

お店を予約制にしたり講習会やったり、自分達でブランドやったりとスノーボード屋にしては色々な事にトライしているつもりですが。

良いか悪いかはやってみないと分からないし。

そしてそれをやる事によってまた色々なアイデアが生まれてるので、何もしないよりかは前向きに進んでるので良いんじゃないかと思ってます。

特に『スノーボード講習会』なんかは私がお店を初めてから最初にやりはじめた講習会で、もう8年も続けています。

もちろん最初はみんなにもっとスノーボードの知識をつけてもらい楽しんでもらおう、って事だったけど。

この講習会をやる事で色んな方から沢山の意見を聞けるのでいつの間にか今度は自分のためにもなってます。

特にスノーボード講習会は沢山の気づきと活動の幅を広げてくれましたね。

そして、

そこからさらに進化したのが『FOSSILセミナー』

スノーボード講習会をきっかけに活動の幅も広がり、ようやく今まで誰も見る事、知る事ができなかった事まで公開できるようになりました。

これも最初は「ダメ」だって言われてたけど、他の方法で前に進んでいたらいつの間にか「いいよ」って言われるようになったので。

まさに「どうせ無理」と考えたら前進できなかったんじゃないかな。

これもスノーボードを楽しんでもらうために必要。

はい、

少々自画自賛入りましたが(笑)

アマゾンの話しからすっかりうちの講習会の話しになってしまいました。

要するに、昨日案内した『スノーボード講習会&FOSSILセミナー』は、間違いなくみんなに満足してもらえる内容になっていますので、より楽しいスノーボードライフのために利用してくださいねー。

と、そんな告知で終了です(笑)

それでは詳細や申込方法はこちらで確認してください。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。