BURTON「STEP ON」 動画も貼れました!

この記事をシェアする

BURTONディーラー試乗会2日目。

快晴で気温もマイナス-12℃まで下がるという絶好のコンディション。

昨日のブログにも書きましたが。

【スノーボードの未来を変える?BURTONディーラー試乗会】

来季「STEP ON」を取り扱いする店舗は全国で約40店舗。

今回はそのうちの20店舗ちょっとが集まりましたので。

まずは各お店に「STEP ON」の貸出し。

ジャーン!!

こちらがBURTONさんが「未来のスノーボードを変える」と、満を持してお届けする「STEP ON」

まずは、室内で試着と。

脱着の方法を教えてもらい。

いざ試乗会場へ。

ボードにセットして。

さぁー、どんな感じなんでしょうねー

それで、

昨日のブログで動画があまり貼れないという事を書きましたが。

そこからまた調べまして。

Twitterの記事を貼るというのを覚えました!!

これでいちいちTwitterに飛んで頂かなくても快適に動画見れますね。

いや~、便利な世の中になりました。

という事で、いざ「STEP ON」の世界へ(笑)

BOARD:CUSTOM150

BINDING:WOMEN’S STEP ON

BOOTS:FELIX STEP ON

さぁ、どうでしょうか?

どうでしょうかと言われてもですよね(笑)

着脱の簡単さはお伝えできたのではないでしょうか?

半日も使っていればこの通り。

まぁ、この動画撮るために5テイク位しましたけど(笑)

しかもちゃんとハマってるか不安で1ターン目フラ付いてますね(笑)

もう少し練習が必要なのでまた後程。

そして、この日は朝からテリエさんもいまして。

一緒に滑ろうぜー

みたいな感じだったので

テリエと一緒にライディング!!

もちろん足元は「STEP ON」

こちらはテリエに指示を受ける愛子ちゃん。

思わず笑っちゃいましたよ(笑)

こんな感じに、

「俺、こっからあっちに滑るから下で見てな」

みたいな感じでちゃんと教えてくれてサービス満点のテリエさん。

それではここから3連発。

「STEP ON」アピールのためにこんな事も!

という具合にテリエさんもだいぶ楽しんでいましたよ。

そして、最後にやっぱり普段乗ってるボードで試してみようという事で。

普段乗り慣れているボードで試すとまたイメージが変わりますね。

という事で、

「STEP ON」の感触はバッチリ確認してきましたので、気になっている方は何でも聞いてくださいね。

では、最後にもう少しだけ「STEP ON」のシステムをご紹介。

ブーツの方にはこのようなパーツが付いているだけなので。

普通のブーツとほとんど重さは変わりません。

そこが今までと全然違うところじゃないでしょうか。

上に着いているクリップのような物はウェアの裾が邪魔にならないように挟んでおくクリップです。

ロックは突起部分をヒールカップの所に差し込むだけ。

それでブーツの両脇についているこの部分は。

バインディング前方部分にハメる。

ただこの部分は補助的に止めてあるだけなので、かかと部分のロックがメインとなり。

ピッタリとバインディングとブーツがロックされるという事です。

では最後にもう一度。

今回は2テイクで成功です(笑)

予約について

BURTONのボード・バイン・ブーツなどの1stオーダー締切は≪2月10日≫となっています。

確実に手に入れたいアイテムは2月10日までのご予約をお願いします。

そして、早くも「STEP ON」のご予約も頂いていますが。

「STEP ON」は来季販売数が決められているため、先着順でのお渡しとなります。

予約詳細につきましてはスタッフまでお問い合わせください。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を始める。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。