最新記事1週間のまとめ【4月25日~5月1日】

こちらのブログも少しは書こうと思うと言ってから、もう1週間が経ってしましました。

というもの、サークル内の記事を書くのが楽しくて。

忖度無しで書いている分、熱が入ってしまうので。

ついつい毎日長文を書いてしましますが。

みんな楽しんで頂けているみたいでよかったです。

だから、そのテンションのままこっちのブログを書こうと思っても何をかけばいいのか迷ってしまいます。

 

という事で、

今回も「最新記事1週間のまとめ」をします。

 

【4月25日】あのスノーボードブランドについて語ります②≪勘違い≫

note(ノート)

この記事は『名取崇史スノーボードリノベーションサークル』内で発行している記事です。 記事を読むには以下の方法があります…

 

【4月26日】あのスノーボードブランドについて語ります③≪屈辱からの転機≫

note(ノート)

この記事は『名取崇史スノーボードリノベーションサークル』内で発行している記事です。 記事を読むには以下の方法があります…

 

【4月27日】あのスノーボードブランドについて語ります④≪解散危機からの逆転≫

note(ノート)

この記事は『名取崇史スノーボードリノベーションサークル』内で発行している記事です。 記事を読むには以下の方法があります…

 

【4月28日】あのスノーボードブランドについて語ります⑤≪その後≫

note(ノート)

この記事は『名取崇史スノーボードリノベーションサークル』内で発行している記事です。 記事を読むには以下の方法があります…

 

今週の半分以上は『あのスノーボードブランドについて語ります』シリーズなので、まとめて紹介します。

なぜ私がこのスノーボード業界に入ったのか?

どのような経緯で自分でブランドを立ち上げ、お店を始めたのかなど。

半分、自伝みたいな感じになってしまいましたが。

これまで一度も公にした事のない秘密や、裏側を惜しみなく書いてみました。

私がいまのような考えに至ったのかも分かって頂けると思います。

 

それと、⑤には【番外編】として、スノーボードのデザインについても書いています。

ボードにデザインを入れるにはどれぐらいのコストがかかり。

どうやってデザインを決めているのかなど。

デザインの仕組みが分かると、そのボードにどれくらいのコストがかかっているのかも見えてくるので面白いですよ。

 

 

 

【4月29日】スノーボード業界で得た教訓

note(ノート)

この記事は『名取崇史スノーボードリノベーションサークル』内で発行している記事を元にしています。 ※記事の内容は引用やシ…

前日までの記事を元にして、いままでスノーボード業界で得た教訓を生かし。

いまそれをどのように考え、実行しているのか。

本文より抜粋します。

実際にいまFOSSILに乗ってくれている方で。

FOSSILの「ホームページ」をブックマークしている方いなくないですか?

FOSSIL公式で作ってるSNSをフォローしている人はいるかもしれませんけど、そんなに頻繁にチェックしてないですよね?

自分で作っておいて何ですけど、ほとんど更新もしてないし。

これがやっぱり、これからの時代のブランドのあり方だと思うし。

ビッグブランドにはできないところでもあると思うので。

小さいブランドほどここをしっかりやっていくべきなんです。

「性能とかよくわからないけど、名取が作ってるボードが欲しい」

「名取が作っているなら信用できる」

そう言われるようにならないと。

だからブランドを好きになってもらう事も大切ですけど。 それ以上に、私の事を知ってもらう(好きになってもらう)事の方が重要だと思ったわけです。

 

 

 

【4月30日】メーカーと直接つながれば、スノーボードはもっと楽しくなる。

note(ノート)

この記事は『名取崇史スノーボードリノベーションサークル』内で発行している記事を元にしています。 ※記事の内容は引用やシ…

前日までに過去の事を沢山書いたので、今度は未来の話し。

コロナショックにより、すべてのシステムがガラガラと変化するのは間違いありません。

という事はいまスノーボード業界が考えなければいけないのは。

本文より。

いまを乗り切れば、残ったところは一時的に良くなるなんて話しも出てますけど。

仮に一瞬復活したといても、また同じような事が起こりかねないわけだし。

「生き残れてよかったー、じゃあこれまで通りよろしくお願いします。」

というわけにはいかなでしょ。

スノーボードをする人、道具を購入する人はしばらく半減するのも間違いないです。

では、そのために何をすればいいか。

良い仕組みやマネできる事はドンドンやっていかないといけないわけです。

いま思いついたアイデアも紹介しています。

 

 

 

【5月1日】期待された方が燃えるタイプなので、このサークルは自分に合っていると感じています。

note(ノート)

この記事は『名取崇史スノーボードリノベーションサークル』内で発行している記事を元にしています。 ※記事の内容は引用やシ…

本文より。

これまでずっと無料で情報を発信し続け。

「いつもブログ見てます!」「あのブログすごいためになりました!」「応援してます!」 と、沢山の人に言われてきましたけど。

あの人達はみんなどこ行っちゃったんでしょう?(笑)

・・・・・・・・・・・

「認知度」(自分を知ってもらっている数)と「人気度」(信用度)を勘違いしてはいけないと。

「自分には人気がある」(本当は認知度があるだけ)と思って、芸能人がオンラインサロンを立ち上げても失敗するという事です。

これからは膨大な情報量の中で誰を信用していいのか分からない時代になっているので。 特に「人気度」(信用度)が大切な時代になってくる。

無料のSNSフォロワー数が多いとか。

「応援してます」っていう人がいくら多くても何の意味も無くなり。 裏を返せは、本当に信用してくれる人を大切にした方がいいという事です。

私の場合はフォロワー数を増やしたり、登録数、再生回数を増やすというのとは目的が違うので。

このサークルが自分には合ってるというお話しです。

 

 

 

はい、

以上の記事は、サークルへ入会して頂くか。

月額購読マガジンで読む事ができますし。

1記事ごとの単品購読も可能です。

違いとしては以下の通りです。

 

①サークル/月額2,970円
実名登録必須。
記事以外にも全ての内容を見る事ができ、コメントやサークル内での交流もできます。

note(ノート)

神奈川県逗子生まれ、少し新潟、横浜在住 ■ スノーボードの仕事をしている人です。■スノーボードオンラインサロン運営(no…

 

②月額購読マガジン/1,980円
コメントや、サークル特典、交流などはできませんが。
サークル内の記事だけをよ読む事ができます。

note(ノート)

『名取崇史スノーボードオンラインサロン』内でほぼ毎日更新している記事を読む事ができるマガジンです。※マガジン内の記事は引…

 

③単品購読/300円~1,000円
1記事だけを読む事ができます。

※サークル、定期購読マガジンは登録して頂た以前の記事も全て読む事ができます。

 

それでは本日はここまで。

Twitterで最新情報をチェックしよう!