「必要最小限の動きと力で、ストレス無く降りて来る」これが理想です。

今日は2回目のブログです。

1回目のブログはFOSSIL SNOWBOARD LINE@会員の皆さま宛になり。

来週早々にはオープンで情報を出しますので、ぜひまたチェックしてください。

 

さて、

今週末の3月1日(日)と2日(月)は『FOSSILユーザーレッスン』

FOSSIL SNOWBOARDの神髄をお伝えいます。

 

今現在、お申込みの方は。

1日(日)3名、2日(月)1名。

急な企画だったわりには、予定を合わせて頂いてありがとうございます。

もちろん参加者1人でもガッチリやらせていた来ますので、ご安心ください。

参加お申込みの締切は、明日(28日)いっぱいまです。

お申込み詳細はこちらで。

名取崇史のブログ

ちょっと、急ではありますが。 『FOSSIL ユーザーレッスン』 企画しました。   ではまず、 『FOSSIL ユーザ…

 

それで、今日は。

レッスンはどんな事をするのかというのと。

ちょっとだけ、個人的な滑りのイメージをお伝えしておこうと思います。

 

まず最初に言っておきますと。

私は、スノーボード協会やスキー協会が指定する検定などを受けた事もないですし。

練習をした事もありません。

おそらく、受けたとしても、合格する自信もありません(笑)

そして、

「カービング」の定義ってのも幅広いので、何とも言えませんが。

おそらく一般的にイメージされている「カービング」というのは苦手です。

 

というのも、

先日シャルマン火打スキー場へ行った時にも話題になりましたが。

私はここのゲレンデがベースで育ってますので。

見てください。

カービングするところ無いですから。

これ、悪口じゃないですよ(笑)

それだけ、自然いっぱいの素晴らしいゲレンデという事です。

去年の画像です。

 

では、

私の理想とする滑りを一言で言うと。

「いかにスムーズに斜面を滑り降りるか」

です。

このシャルマン火打スキー場のような、地形むき出しの荒れたゲレンデを。

(何度も言ってますけど、褒め言葉ですからね笑)

必要最小限の動きと力で、ストレス無く降りて来る。

これが理想です。

 

そんな滑りのイメージを皆さんに伝える時によく言う言葉があるんですけど。

「自転車で坂道を下ってるイメージです」

想像してみてください。

自転車で坂道を下ってる時って、ほとんど力使わないですよね。

曲がる時も、腕や足の力ではなく。

サドルの上に真っすぐ乗り(正しい位置に乗り)体重移動で曲がりますよね。

これが平らなところを、自転車で走るなら動力を生むために力が必要になりますけど。

常に斜面を降るスノーボードは。

自転車で坂道を下る時と同じく、すでに動力が生まれているので。

後は、正しい位置に乗り、体重移動でコントロールしながら降りる。

これが私のスノーボードを滑る時のイメージです。

 

そうすると何がいいかと言うと。

疲れません。

足の力はほとんど使いませんので。

「足がパンパンでもうだめだー」

なんて事が、無くなるとまではいいませんが。

ほとんどありません。

よく、

「スノーボードは脚力」とイメージしている方、多いと思います。

もちろん脚力があったに越した事はないと思いますが。

一番重要なのは、自分の体重を上手く使う事ではないかと。

体の重みを上手くボードに伝え、ボードをたわまわせる事で曲がる。

ジャンプやオーリーをかける時も、体重を上手く使いボードを曲げる事で反発を生む。

そう考えた方がもっと楽に滑れると思いますよ。

 

そして、そんな滑りをするためには。

自分のボードをしっかりと理解する事。

やっぱり、これがとても重要です。

自分のボードがどんな物か分からず。

どこに乗って、どう動かすのか。

それが分からず滑っていては無駄な動きが増えてしまいますよね。

そうなると、疲れます。

誰だって楽に滑れた方がいいじゃないですか。

さらに言えば、

力のいらない滑りができた方が、歳を取っても長くスノーボードが続けられると思っています。

 

だから、

自分のボードを理解して、正しい位置に乗って、体重移動で動かす。

という、

シンプルな事を今回のレッスンでお伝えできたらと思います。

 

では、

今日のブログをふまえた上で。

今一度、動画見て頂くとなんとなくイメージしてもらえるかなと思います。

THE PIPE155

 

STYLE152

 

最近、試乗会などで滑りを褒めて頂く事があるので嬉しいです。

もっと褒めてください笑

それでは、みんなで練習しましょう!!

本日はここまで。

Twitterで最新情報をチェックしよう!