【続き】動画『ドミネーターワクシング方法』の解説をします。

それでは昨日のブログの続きです。

まだ読んでないかたはこちらを先にどうぞ。

名取崇史のブログ

DOMINATOR WAX公式のホットワック動画。 見て頂けました??   そしてこの作業をしている人物は私だというのに…

 

【クリーニングワックス②】

滑走面が温かいうちに、むら無くスクレープする。

スクレーパー&ブラシでは取り切れない細かい汚れを取るためのクリーニングワックスは。

ワックスをドロドロに溶かして、液体のような状態にする事で「汚れを浮かせる」

そして、滑走面が温かいうち(ワックスがまだ液体状になっているうち)に、スクレープしてワックスと一緒に汚れを取る。

こんなイメージでしょうか。

 

 

【クリーニングワックス③】

ストラクチャー内のワックスをブラシがけで取り除く。

スクレープしたら、ブラッシング。

これはもう1セットだと思ってください。

以上で、クリーニングは。

①スクレープ&ブラッシングで表面的な汚れを取る。

②クリーニングワックスでさらに細かい汚れを取る。

とにかく、

ワクシングで重要なのは「汚れを取る事」

表面に汚れが残っていたまま、滑走ワックスを塗っても効果が悪いです。

カーワックスや、ペンキ塗り。

お化粧をする時なんかも、まずは表面を綺麗にしてからやるじゃないですか。

それと同じ事です。

 

【滑走用】

ZOOMシリーズ・BOOSTERシリーズを使用。

しっかりと滑走面を綺麗にしたら、滑走のワックスを塗ります。

DOMINATOR WAXは、ベース用のワックスと滑走用のワックスを分けていますので。

よく「ベースワックスだけで滑ってる」

なんて方もいますけど。

ベースワックスにはほとんど滑走性が無いので、注意してください。

 

この後、

アイロンをゆっくり動かしながら、温めるというのは。

クリーニングの時と同じなので説明を飛ばします。

 

そして、

滑走ワックスはしっかり温めた後に注意点があります。

さきほどの、クリーニングワックスとは違い。

滑走ワックスを定着させるには、「常温で」2~3時間かけてゆっくりと冷ます。

これがよくあるダメなパターンで、

早く冷ましたいからと言って、寒い外に出しちゃうとか。

そうすると、ワックスが定着する前に固まってしまうので、ワックスの効果が低くなってしまいます。

なので、そもそもがワクシングは暖かい部屋の中で作業をし。

冷ます時もゆっくりと時間をかける事で、しっかと定着して行きます。

ここ、結構重要なのでしっかりとやってください。

 

この後の、

スクレープ&ブラッシングもクリーニングの時と変わりませんので飛ばしまして。

 

最後の仕上は、細かいワックスのカスを取りながら静電気を抑える「フィニッシュクロス」で拭き上げて。

 

完成です。

 

さて、

いかがだったでしょう?

ワクシングを難しく考えている方も、多いみたいですが。

こうやってみると結構シンプルじゃないですか?

あまり難しく考えずに。

昨日と今日のブログを参考にしてもらい。

動画を見たまんまで作業して頂ければ、良い状態で快適に滑れると思います。

それでは、改めて動画を貼っておきますのでおさらいしてください。

もっと細かく気になる事があれば、試乗会などで会ったときにでも直接聞いてくださいね。

あと、最後に。

「あのアイロンどこの使ってるんですか?」

という質問が結構沢山あります。

こんなにスムーズにワックスを溶かしているのを見れば気になりますよね?

私が使っているアイロンやツール関係もこちらのウェブストアに出してますので、こちらでチェックしてください↓

【natori web stoer】

購入の際はこちらのストアを使って頂いてもいいですし。

直接連絡頂いても対応しますので、SNS等でも構いませんので連絡ください。

それでは本日はここまで。

Twitterで最新情報をチェックしよう!