メーカーの人であり、お店の人であり、ワックスに詳しい人。3つの肩書があれば100万分の1の存在になれる。

2日もブログをお休みしてしまいすいません。

この場所でスノーボードショップnewestとしての営業も3週間を切り。

最後だからという事で、お店の方に沢山の方に来て頂いていると共に。

一昨日は『ダブル講習会』

昨日は『ホットワックス体験教室』と、

講習会の方も駆け込みで利用頂いています。

ブラシの使い方もちょっとした使い方の違いで大きく滑走性に影響しますよ。

 

もちろん、

お店が無くなった後もスノーボード講習会やワックス講習など、続けて行きたいと思っていますが。

これまでのように「気軽にいつでも」という感じでは無くなると思いますので。

サクッと利用したい方は今のお店があるうちに。

予約受付状況は以下の通りです。

 

利用方法などはコチラで↓

名取崇史のブログ

『スノーボード講習会』とは、ボードの構造や仕組みを理解して頂く講習会です。何も分からず滑るより、自分の使っている道具をち…

名取崇史のブログ

『ホットワックス体験教室』とは「なぜWAXが必要なのか?」という基本的なところからメンテナンス作業の流れを説明し実際に体…

 

という事で、

その他にも、今は次のオフィス契約に向け準備していたり。

お店を片付ける準備などなど、連日バタバタと過ごしていますので。

ちょっとブログの方がおろそかになってしまいました、、、

お店が無くなっても、もちろんこのブログは続きますのでよろしくお願いします。

 

さて、

私としても、あと3週間でお店を終わりにするのは。

寂しい気持ちも若干ありますが。

むしろ、これからの事の方が楽しみなので、ワクワクしております。

そして、ついこないだ同じような事をブログに書いたばかりなんですけど。

最近になって皆さんから仕事の相談というか。

仕事についての考え方などの話題が多くなりました。

特に、

「名取さんみたいに好きな事して仕事するにはどうすればいいか」みたいな。

私だってまだまだ好きな事をやりきれているわけじゃないので、たいしたアドバイスはできませんし。

ありがちな言葉ではありますが、

とにかく好きな事を人一倍極めれば、それが仕事になるんじゃないか。

とは思っています。

ただそれが、人のためになっているか。

というのも大切ですね。

道のりは長いかもしれませんが、今はこうやってブログとかSNSとか活用できる時代なのでもう少し短縮できるかもしれないし。

YouTubeで、バッと有名になったりする可能性だってありますから。

でも、個人的にはバッと有名になるより時間をかけた方がいいのではないかと思っています。

 

そしてこれも、最近よく色々なところで言われるようになりましたね。

「肩書を3つ付ければ唯一無二の存在になれる」って。

最初に見たのは、数年前に読んだ堀江さんの本ですけど。

要するにひとつの事を究めようとして。

100万人分の1人の存在になるのはものすごく難しい。

例えば、スポーツで言うと。

サッカーやプロ野球の世界で頂点に立つとかって、もの凄い努力が必要じゃないですか。

でも、100分の1人の存在になるには少しの努力でもなれる事ができる。

その100分の1の存在になれる事を3つ身につければ。

100x100x100=1,000,000分の1の存在になれるという話しです。

 

そんな事を、

こないだお店に来てくれた方とも話しをしていて。

その方は、

コーヒーと筋トレが好きで、スノーボード(+アウトドア)は趣味。

「好きなコーヒーで仕事できたらなー」と言うので。

だったら「筋トレ大好きコーヒー屋さん」で、スノーボードやアウトドアもやる。

これでもう100万分の1じゃないですか。

みたいな。

 

私で言うとどうなるか。

もともとスノーボードメーカーにいたし。

今も自分でブランドをやっているから、メーカーの人でもあり

お店も10年続けて来たので、お店の人でもあり

さらに、2年前からは「DOMINATOR WAXアドバイザー」という肩書を頂きましたので。

ワックスに詳しい人でもあります。

全部スノーボード関係ばかりですが「これで100万分の1でしょ」

と、言ったら。

「いや、名取さんの場合100万分の1どころじゃないですよ」って(笑)

確かにこの3つの肩書を同時に持っている人はそういないとは思うからこそ。

スノーボードに詳しいという自負はあります。

だからこの肩書を生かしてできる事は、

「少しでも多くの人にスノーボードを正しく理解してもらう事」

これも何度も言っていますが、

もともとスノーボードメーカーをやめてお店を始めたのも。

多くの人と触れ合える機会があるお店の方が、色々な事を伝える事ができるのではないかという考えでした。

でも、今の時代だからこそだと思いますが。

多くの人に何かを伝えるのにお店である必要はない。

だったら時代に合わせて一番ベストな方法を選んだ方がいいんじゃないかと。

そうゆう事なんです。

 

ただ、そうなると「お店の人」って言う肩書が無くなるので、何か別のものを探さないといけませんね。

何がいいでしょうか?

良い肩書があれば教えてください(笑)

それでは本日はここまで。

Twitterで最新情報をチェックしよう!