「スノーボードって、上手いやつが偉い」 みたいな感じになっていませんか?

ちょっとだけ一昨日のブログの続きみたいになってしまいます。

名取崇史のブログ

今日はカムイ御坂の2ndで滑って来ました。   そして、今日も『スノーボード講習会』を受けてくれた方と一緒に。   今年…

 

また今日もお店で話題になったし、最近よく考える事なのでまた書きます。

ただ今日のテーマは、

「なぜ、スノーボード(スキー)が衰退しているのか」

まぁ、テーマが壮大すぎて、私が偉そうに語れるような問題ではないんですけど。

なんとなく、私はこう思ってるよ。

という程度で読んで頂ければと思います。

そして、ここからは、「スノーボード=スキーも含む」でイメージしてください。

 

はい、

それではなぜ、スノーボードが衰退しているのかについての理由はものすごく沢山あると思います。

簡単に言えば、行くのが大変とか、お金がかかるなんて事もありますよね。

でもじゃあ身近になって、お金がかからずできるようになればみんなやるのか?

必ずしもそうなるとは思えません。

という感じで、色々な理由について言い出したらキリが無いので。

いま私が、

というか私がスノーボードを始めてからすぐに感じている事をひとつあげると。

スノーボードって、上手いやつが偉い。

みたいな感じになっていませんか?

スキー場に行くとなんか上手い人がデカい顔して、偉そうにしてる。

下手だと邪魔だ。

みたいな。

そう感じる事ありませんか?

 

実は私、6年前にスキー場で怒鳴られた事がありまして。

それは、

newestのみんなで、2泊3日で滑りに行った時。

もう散々滑ったし。

今日はそれほどコンディションもよくなかったので。

ちょっとノリで「スキーしてみない?」という話しになり。

なかにはスキー初めてなんて人もいたり。

私も多少やった事あるけど、まともには滑れないという感じ。

それでも、みんなでスキーをレンタルして。

りょーこちゃん久しぶりーー笑

 

「新鮮だねー」なんて言いながら。

一応、みんな頑張って滑ろうと一生懸命やりながら楽しく滑ってました。

これがその時の画像。

 

でもそんな時に、

後ろから来たスキーヤーの「おやじ」が(私もその時は30代ですから笑)

「下手くそ!!!」

って、怒鳴りながら私達の横を通り過ぎて、凄いスピードで降りてった。

という経験があります。

まさかそんな事言われるとは思わないから。

あまりにもビックリして、何だかよく分からなくて。

でも、

あの野郎、

スノーボードだったら絶対捕まえてやるのに!!!

と、思いながらも。

その時、私達はみんなボーゲンに毛が生えた程度で追いつけるはずもなく、、、

とても悔しい思いをした記憶があり。

せっかくの楽しい記憶が台無しになりました。

 

と言うか、

そもそも何でそんな事言うの?って話しですよね。

でも、それって私達に限らず。

スキー、スノーボード関係なく同じような思いをした人いると思うんですよ。

口で言われてなくても、そんな感じの人の態度で嫌な思いをしたとかもあると思うし。

実際に私も昔しはスノーボードでも嫌な思い沢山しました。

ルールやマナーを守れてないのならわかります。

さっきの話しで言えば、そもそもスキー場は交通ルールと一緒で前の人が優先ですから。

追い越す時は前の人の動きを見て、よけるんですよ。

それなのに、自分は上手いからって人を見下すってどうなってるんでしょうね。

 

もしかしたら、他のスポーツやレジャーでもあるかもしれません。

でも、

今は、アウトドアブームなんて言われてて。

こないだもテレビでやってましたが。

初心者でも簡単にテントが張れてキャンプができるようになっている、とか。

それくらい初心者でも楽しめる環境や空間を作っていると。

だって、

キャンプ場で初心者の人がテント張るのに戸惑っていて。

脇からきたおやじが「下手くそ!!」なんて言わないですよね?

むしろ、アウトドアだったら「手伝いましょうかー」なんて言ってそこから交流が始まったりとか。

恋の始まりがあったりとか。

(そんな事ありませんか?笑)

とにかく、

よっぽど騒いでたり、マナーが悪かったりじゃない限り怒鳴られたり嫌な思いをする事ってそうないと思います。

だから、初心者でも誰でも楽しめる環境が整のっているからこそ居心地が良いんですよ。

 

でも、スノーボードの場合。

初心者の方が純粋に楽しむ環境が整っていない。

それで嫌になっちゃう人も多いはずなんですよ。

それで出たつぶやき。

 

誰だって最初は初心者だったんだから。

初めて上手く滑れた気持ち。

楽しいと思った気持ち。

それを忘れてはいけません。

スノーボーダーの皆さん、気をつけてくださいね。

それでは本日はここまで。

Twitterで最新情報をチェックしよう!