このアンケートは私にとって貴重な財産になってます。

この記事をシェアする

最近は本当に沢山の方に『スノーボード講習会』をご利用頂いていまして。

沢山のご利用ありがとうございます。

もう何度も言ってますけど、

間違ったスノーボードの選び方で失敗してしまったり。

目的に合っていないボードで一生懸命練習して全然上達しないと嘆いたり。

そんな事を少しでも解消できればと思って長年にわたり開催しています。

ただ、

こんな事を言っては元も子もないですが。

正直この講習会を受けてもらっても完璧に把握するのは不可能だと思います。

私もなんとか伝わるように努力はしていますが、たった2時間でスノーボードの事を全て理解するのは無理ですよね。

過去にスノーボード講習会を2回受けてくれた方も何人かいますが。

その全員が「2回受けてようやくなんとなく分かった」と言っていたくらいです。

なのでその辺は私にとってもこれからの課題ですね。

でもまずはそのきっかけも無ければ知るタイミングも無いと思うので、少しでも興味がある方はまず一度利用してみてください。

それで、

今日はスノーボード講習会終わりで皆さんに協力頂いているアンケートを見てまして。

ご協力ありがとうございます。

この講習会でアンケートを頂くようになったのは2年ほど前の、まだ個別開催していない頃からなんですが。

こちらをさきほど数えてみたら、

なんと!!

107枚!!

約2年間で107名の方に利用して頂いたという事になります。

この人数が多いのか少ないのか分かりませんけど、とにかく沢山の方にお伝えできてるのは確かですね。

ただ、まだまだもっと沢山の方に利用してもらいたいのが正直なところです。

でも、毎回色々な意見を頂く事ができて、このアンケートは私にとって貴重な財産になってます。

昨日のブログでも少し書きましたけど、こうゆうのは一方的に伝えるだけじゃなく。

そこから頂いたアンケートや講習会の中で受けた質問が、この講習会をより良くするための材料になり、ここからまた新たな考えが生まれアップデートしていきます。

だからこの講習会を初めて8年経ち私自身もかなりアップデートされているという事になりますね。

それで、

さっき改めてザっと見ただけなので正確に集計をしたわけじゃないんですが。

(今度ちゃんと集計してみよう)

赤四角で囲った部分の、

Q.今回の講習会で特に知ってよかった事や興味を持った事

この項目で〇が多かったのが、こちらの画像のアンケートと同じ。

・有効エッジと接雪長について

・サイドウォールについて

全体的にこの2つに〇をしている方が多かったです。

確かに有効エッジと接雪長についてはブログで書くのが難しいのでまだ一度も書いた事なかったかな。

サイドウォールについては過去に書いています。

ただサイドウォールに関してもやっぱり文字だけで表現するのは難しいので、スノーボード講習会ではもっと細かく説明しています。

特にサイドウォールに関しては「かなり重要です」と前置きして説明しているので、みんなもそう思ってくれたという事でしょう。

でも、

私としては意外と少ないなー、と思ったのが。

・セットバックのしくみ

これも結構熱く語ってるはずなんだけど(笑)

上の2つに比べ〇が少なかったような気がします。

(やっぱり今度ちゃんと集計してみよう)

でもこれもしっかり知っておいて欲しいんだよなー。

実際に滑る時にも重要な事なので。

だから明日はこのセットバックのしくみについて改めてブログを書こうと、

いま思いました。

なので明日は久しぶりにスノーボードの知識ネタを書こうと思います。

この熱が明日まで冷めなければ。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。