自分達が心を込めて作ったボードなんじゃないの?それでいいの?

この記事をシェアする

ここのところ『スノーボード講習会』でよくある光景なんですけど。

皆さんスノーボードに関する知識を入れると、やっぱりまず気になるのが「自分のボードはどうなの?」って事。

すると今は便利なスマートフォンという物があるので、その場で自分が使ってるボードを検索してスペック表を調べるという事がよくあります。

しかし、

残念な事に「自分のボードのスペック表が無い、、、」「スペック表あるけど少ししか情報載ってない、、、」とかそんな事が多々ありまして。

このブログを読んでくれている方でもそんな経験した事ありませんか?

スペック表が載ってないのはもう論外として。

ホームページとかに載ってるけど、例えば全長とウエストと他にいくつかだけしか情報載ってないとかね。

それじゃあそのボードがどんな形してるのかわからないですよ。

なので講習会中に「えー、俺のボードスペック表載ってないよー!」なんて事がよくあります。

自分のボードが分からないなんて悲しいよね、、、

だからスノーボードメーカーの皆さんに物申すと、

スペック表はちゃんと載せておきましょう!!

って事。

自分達が心を込めて作ったボードなんじゃないの?

それでいいの?

そう思ってしまうわけです。

そしてそんなボードを販売している方ももちろんダメですけど。

残念ながらそうゆうボードを買ってしまた方にも責任があるって事にもなるのかな?

それに自分がどんな形したボードに乗っているのか分からず滑ってるって事ですから。

もったいない事ですよ。

よかったら自分のボード検索してスペック表がちゃんと載ってるか調べてみてください。

はい、

少々毒づきからスタートしました今日のブログ(笑)

続きまして先日Superbさんで開催した講習会について、昨日こんな嬉しい感想をブログで書いてもらいましたのでご紹介。

いつもの事ながらこうやってリンクを貼ってもあまり見てもらえないので、一部内容を抜粋します。

皆さんは、1回でもWAXの講習会というものに参加したことがありますか?

僕は、10回は聞いたことがあります。

過去に聞いたのは、店員まで洗脳してWAXを売ろうとする、売れるようにする意図のブランドの講習会が世の中の大半でしたね。 

名取さんのは真理ですね。

「まことのりねん」に沿った内容でした。

聞いておいたほうが良い。

ことWAXに関して言うと、

店員さんの言うこと、

メーカーさんの言うこと、

間違った知識で行うと

「すんげーーーー遠回り!!」

お金と時間を費やすだけで効果が期待しにくいです。

僕のような 自称 WAXオタクも納得の内容でした。

という感じ。

だいぶ良いとこ取りで抜粋しましたが(笑)

全部読みたい方はさきほどのリンクから見てください。

こちらのブログを書いている方は元々ショップスタッフとして長くスノーボード業界にいた方で、私がメーカー業やってる頃に岐阜エリアの方で大変お世話になりまして。

現在はスノーボード業界から離れていますが、今回の講習会きっかけに再会しました。

これだけ経験値のある方に「真理」だと言ってもらえてありがたいですね。

やっぱり大事なのは「まことのりねん」ですよ。

これから本業とは別でSuperbさんのフォローをして行くという事なので、今までとは違った目線もあるだろうし面白い事になりそうですね。

またこれからよろしくお願いします!!

そして今日の出来事をひとつお話ししますと。

昨日の台風の影響でお店の看板が外れかかってしまいまして。

元々古くなってたので仕方ありませんが、なんかもう直しても仕方ないし。

じゃあもう取っちゃえって事で、11年間頑張ってくれた看板を綺麗さっぱり無くしてしまいました。

11年間ありがとう。

そして、思いました。

「別にもう看板無くていいんじゃね?」

って。

だって看板無くても今はもうどこに行くにもスマートフォン片手に調べながら行きますよね。

一応、扉にはnewestって書いてあるし大丈夫でしょ。

という事で、今後はこれで行きますのでよろしくお願いします。

後はもう少し綺麗にして配線もなんとかしないとね。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。