大事に1本1本作られている姿を見ると愛情が深まります。

この記事をシェアする

1泊2日の新潟遠征を終えて帰ってきました。

夏の新潟も好きです。

今回の目的は燕三条にありますコチラの工場。

スノーボードが沢山ありますね。

そです、

私たちが普段お世話になっていますスノーボードを製造してくれているウチヤマ工場です。

スノーボードがどのように出来てるのか目にする機会はなかなか無いと思いますし、社外秘なので私もこれ以上は画像をアップするわけにはいきませんのでギリギリこの1枚だけ。

こうやって改めて職人さん達の繊細さや大事に1本1本作られている姿を見ると感謝の一言しかありませんよ。

そして私はここで作られているボードを世に広める役割がありますので、いっそう身が引き締まります。

FOSSIL SNOWBOARDの方は来季新型を発表しますし、その前に皆さんにお渡しするボードも着々と準備を進めて頂いていますので楽しみにしててください!!

で、これで帰っても良かったんですけど。

せっかくここまで来て直帰するのはもったいない!!

しかも私は新潟市内におじいちゃんの家がありますのでそちらに泊めてもらい、夜は旬な物を食べに、昔し新潟に住んでいた頃から好きな古町にあるお店【くいしん坊】

ポートレート使ってみました。

他にも「栃尾のあぶらげ」やらお刺身やら新潟の美味いもん堪能する事ができまして。

さらに今朝は4時半起きで朝採れトウモロコシを買いに【カガヤキ農園】

5時半から発売開始で売り切れ終了になります。

が!!

まさかの!?

今日は8月1日だよな…

えー、どうしよう。と迷っていたら。

農家の方が出てきて「せっかく来てくれたから少しだけなら」と、採れたてのトウモロコシを売ってくれました。

いやー、助かりました!!

このトウモロコシも1本1本大事に作られているんでしょうね。

気を引き締めて食べましょう。

という事で、

昨日はブログお休みしちゃいましたが。

このような充実した日を過ごして今日帰ってきました。

しかし、

ゆっくりする間もなく夜は千葉キングス。

さぁ、張り切って行きましょう!!

前回キングスデビューをした方も1サイズアップして練習。

これから楽しみですね。

そして毎度おなじみチャンプは何かつかんだようで、だいぶ安定して飛べるようになってきました。

こちらもまだまだ成長が楽しみです。

スノーボードの良さを伝えるにはまず、楽しさも伝えないとね。

でも、さすがに眠いな、、、

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。