私が作業を教えるとしたら「メモは取らなくていい」派です。

この記事をシェアする

高校卒業してからこの仕事をはじめるまで冬はスキー場、夏はバイトという生活を長く続けていたので今まで本当に多くの仕事を経験してきました。

ま、要するにフリーターってやつですけどね。

仕事内容を上げたらキリが無いくらいだけど、短期も含めたら20カ所位行ってるかな?

今となっては良い経験だったし、役に立ってる事も多いです。

それで、

仕事のジャンルも色々だし職場のシステムもそれぞれだと最初は覚える事が沢山あるじゃないですか。

そうすると仕事の説明を聞くとき職場(人)によって、

「メモを取れ」ってところと「メモなんか取らなくていい」ってところがあるわけですよ。

実際のところあれってどっちがいいと思います??

これは仕事を教える人だったり職種にもよるんでしょうけど。

もちろん「メモを取れ」って方は早く自分で仕事を覚えろって事ですよね。

それで、「メモなんか取らなくていい」という方は「間違った作業をされると困るので分からなかったら何度でも聞いていいから」と言うわけです。

まぁその考えも一理ありますよね。

でもその割には何度も聞いてる人は「こないだも言っただろ!」って怒られるんですよ(笑)

そんな事はさておき。

ちなみに私が作業を教えるとしたら「メモは取らなくていい」派です。

もちろんメモを取る事も大事な場面もありますけど、仕事を覚えるという点ではメモに頼るより体でというか感覚でちゃんと覚えないと意味無いと思うんですよ。

メモに頼りすぎるのもよくないんじゃないかって。

とまぁ、そんな偉そうな事言ってますけど。

そもそも私はメモを取るのが凄く苦手なんです。。。

だから人の話しを聞きながらメモを取ってる人って実際のところ「何書いてるの?」といつも不思議に思っていて。

だってメモ書いてる間に話しは進んで行くわけじゃないですか。

書いてる間は書くことに集中してるのか?

話し半分で聞いてるのか?

いったい今の話のどこをメモしてるんだろ?

とか、色々と気になるわけで。

でも結構そうゆう人はきっちり仕事をして、作業で詰まった事があるとサッとメモを見てパパっとやる人もいるからスゲーと思うわけです。

だからと言って、

「ちょっとそれ何書いてるか見せてよ」

とはなかなか言えませんよね(笑)

なので今だにメモを取るという行為は苦手です。

過去に何度かトライした事もあるんですけど、後で見るといったい何の事なのか全然分からないとか。

メモした事すら忘れてるとか。

そうなったら今度はメモしたって事をどこかにメモしておかないといけませんよ(笑)

でもね、

実は1ケ月ほど前からまたメモを取る事に挑戦してるんです。

(挑戦てほどじゃないですけど笑)

今ではスマートフォンという武器がありますから、ペンとメモ帳なんか持ち歩かなくてもスマートフォンのメモ帳にササっと記しておけるしね。

それで何を書いておくかと言うと私の場合は主にお店やブランドのアイデアですね。

あんな事してみよう、こんなイベントやったら楽しいんじゃないかとかそんな事を思いついたらメモしておくわけです。

アイデアっていつなんどき思いつくかわからないし、その時「あっ」って思っても後で忘れたり。

以前までは「メモしておかないと忘れてしまうような事ならたいした事じゃない」と言ってメモを否定していたんですけど。

最近は忘れる事の方が多くなってきたような気がして(笑)

これじゃいかん!

とメモをするようにしたんです。

そして、

メモを取り始めて約1月経った結果。

その効果のほどはと言いますと、、、

全然役に立ってません!!

相変わらず何これ?ってメモもあるし。

何でこんなのメモしたんだろう?とか、自分でもよく分からない事が多々あります。

いやー、

メモって難しいですねーーー。

やっぱり向いてないんだなとつくづく思いました。

でもこうゆう事も続けていれば何か役に立つ時が来るんですかね。

誰かメモの達人がいたら教えてください。

と、そんなどうでもいい話しです(笑)

はい、

それでは2週間ぶりに明後日19日(土)はカムイ御坂に行きますよ。

今週は2ndで滑ります。

以前ブログでも今年は2ndでちょこちょこ行こうと書いたら、結構参加表明を頂きまして。

行った事の無い方はなかなかイメージしにくいとは思いますが、2nd=午後の時間だと人数もわりと少ないしガツガツ練習してる人も少ないので初心者や初めての方でも滑りやすですよ。

夏の間も少し練習しておきたいなー、なんて方は気軽に声かけてくださいね。

それでは最後にお店の予約受付・営業カレンダーも更新しておきます。

予約に関して詳しくはコチラで。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。