【6日目】カナダ・ウィスラーブラッコムツアー

この記事をシェアする

只今、バンクーバー国際空港に到着しました。

帰るよー

飛行機まで時間がたっぷりあるのでブログを書いています。

みんなお疲れですね。

これはどうなってるの?笑

5日間みっちり滑った上に今朝は6時のバスでウィスラーを出発して来たので皆さんお疲れのようです。

それでは滑走最終日の様子をお届けします。

滑走5日目もビレッジではあいにくの雨模様。

今年は雨ばっかりだったな。

前日までのイベントも終わったし、月曜日だし、雨だし、で街も静まり返っています。

あれだけの人はどこへ?

という事でゴンドラ乗り場にも全然人がいない。

それでも朝一番のゴンドラで滑り行きます。

ウィスラーはビレッジと山頂の標高差が約1600mあるので気温で言うと10℃近く下がります。

なので下が雨でもこのように上では雪が降っています。

まだまだハイシーズン並みのコンディション。

一番乗りのゲレンデを滑るも気持ちいい。

でも上の方は視界が悪かったので、霧がかかっていない中腹あたりで滑走。

少しだけ晴れ間も見えて来た。

はい、それでは朝の気持ちいいやつ。

光川さんが撮ってくれたのでついでに私の滑りも。

ちなみにここはゲレンデマップで言うと左端の方で赤い線を引いたところ。

コース名:RIDGRUNNER

上半分は森林限界のため霧がかかると真っ白で何も見えなくなるので、こんな時は木の生えてるコースで回してるのがいいです。

それでもやっぱり上に上がりたいなー。

って事で、こちら先日も行きましたワッフルが食べれるレストラン。

しばしウェイティング

今回はベーコンをのせてみました。

それでもなかなかこの日は霧が取れる気配がなかったので、みんな暇つぶしに撮影タイム。

これが。

こうなる。

まぁもう仕方ないねー

って事で、最後にやり残したPEAK2PEAKのグラスボトムゴンドラに乗ります。

グラスボトムゴンドラとは?

ゴンドラの底がガラス張りになっています。

はい、

これにて5日間の滑走が終了して今回も大満喫する事ができました。

最後に軽くnewestチームで打ち上げ。

お疲れさーん。楽しかったねー。

そして何よりね、今回は初のSuperb&newest合同ツアーでしたがみんなで楽しく過ごせてよかったです。

ありがとうございました!!

じゃあ次は日本でお会いしましょう!!

本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。