【5日目】2018カナダ・ウィスラーブラッコムツアー

この記事をシェアする

ウィスラーブラッコムツアー5日目で滑走は4日目となります。

昨日までは毎日のように雪が降っていたのですが今日は降雪も期待できずという事でみんなカービング仕様でNATURALに変えて出陣です。

おや、FOSSIL乗りが一人増えましたね。

そんな今日はカメラを持って撮影でもしようって事で、朝から良さそな所を探しながら奇跡の1枚を求めウィスラーエリアからゲレンデに。

ずいぶん空いてますね。

こうやって見て頂くとわかるように、昨日とは打って変わって朝のゴンドラもガラガラです。

というのも、

基本的にこちらに来ている外国の方は2週間とか3週間とか休暇があってのんびりリゾートを満喫しているというスタイルが多いので、ゲレンデコンディションが期待できない(雪が降ってない)場合は無理して滑らないようです。

その代わり昨日のように雪が降ると急にみんな出てくるわけです。

これは昨日の画像。良い時だけ滑るなんて贅沢ですね。

でも私達は5日間しかないのでそんな事言ってられないし、ゲレンデはこの時期でも全然コンディション良いですからね。

という事で、今日撮った画像はFacebookにまとめてありますのでこちらでご覧ください。

Instagramの方にもアップしてありますので、そちらでもどうぞ。

【名取崇史Instagram】

ほらね。

1日位雪降らなくても全然楽しめちゃうでしょ。

はい、

それじゃあ今日は写真多めの分、ブログは短めですが。

明日は滑走最終日なので色々期待しながらそろそろ寝ます。

またレポートを楽しみにしていてください!!

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。