【2日目】2018カナダ・ウィスラーブラッコムツアー

この記事をシェアする

毎度の事ですがウィスラーブラッコムは天気がコロコロ変わるし、基本的に快晴はあまりありません。

なのでアテンドの身としては少しでもみんなに楽しんでもらいたいという気持ちがあるのでいつもハラハラなんです。

でも今日は途中ガスで見えない時もありましたがまずまずの天気でしかもこの時期にしてはかなり良いコンディションで滑る事ができました。

もう画像を見て頂ければ分かりますのであまり多くは語りません。

Facebookでチェックしてください。

もうね、みんな「ヤバいヤバい」の連発で、早くも「来て良かった」なんて言われると、お誘いした側としては嬉しいもんです。

それでも今日1日では全体の半分も滑れなかったですが明日以降にも楽しみを取っておきましょう。

そしてウィスラーブラッコム=リゾートならではのお楽しみプールタイム。

スノーボードしてそのままプールってなかなかないよね。

今年はちょっと寒かったけど、、、

温水プールなので泳ぐ分には問題なし。

滑って汗をかいた後のプールはなかなか気持ちが良いもんです。

それに普段なかなかプールで泳ぐって事も無いから新鮮で楽しいですよね。

だから意外とみんな泳ぎ始めると火が付いちゃうんです(笑)

女性の戦い。 #whistlerblackcomb #cascadelodge

名取崇史さん(@takafumi_natori)がシェアした投稿 –

こんな感じで滑走1日目が終了。

夕食はSuperbチームが豪華な夕食を作ってくれましたよ。

大抵いつも出来合いの物しか食べてないのでありがたかったです。

さぁ明日はどんなコンディションが待っているでしょうか。

それではレポートをお楽しみに!!

本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。