だってもうスノーボードありすぎでしょ?

この記事をシェアする

ちょっと前に放送した番組を録画してあったので今朝見たんですけど。

その内容から抜粋しましたのでまずはこちらを。

日本で排出される食品廃棄物は年間2775万トン。このうち、食べられるのに捨てられている『食品ロス』は621万トンにのぼる。これは1300万人の東京都民が、1年間に食べる量に匹敵する。

色々細かく書くと大変なのでザックリ言いますと、スーパーやコンビニなどの小売店や飲食店から出る食品廃棄物がとんでもない事になっていると。

それに最近よく聞きます飲食店のドタキャン騒ぎありますよね?

通称「No Show」なんて言われてね。

簡単にネットで予約が出来るようになったからそうなったのか、モラルの問題なのか簡単にキャンセルする人も増えてるとか。

スマホで簡単にレストランの予約ができる今、当日のキャンセルが多発しているという。中には、何の連絡もなく来店しない『ノーショー』と呼ばれるケースもある。鮮度が命の食材は、仕入れたその日にしか使えないものが多く、やむなく捨てられてしまうことになる。今、飲食店はドタキャン問題に頭を抱えている。

30人、40人とかの宴会予約でも連絡無しに来ない人が結構普通にいるらしいです。

で、そうなるとそのために用意した食材はどうなちゃうの?

大半は捨てるしかない。

そんな事や小売りでは賞味期限問題などもあり、とにかく『食品ロス』をどう解決するかみたいな番組でした。

それで、食品とは少し事情が違うけど「物を余らせてしまう」という事に関してはアパレルでも何でもそうだしスノーボードも似たような事してるなって思いまして。

だってもうスノーボードありすぎでしょ?

私がこんな事言うのも変かもしれませんが(笑)

どこ行ってもいっぱい余ってるし、ネットでも山ほどあるじゃないですか。

それにこないだセンター北のノースポート・モール】に行った時BOOKOFF SUPER BAZAARがあったので覗いてみたら中古のスノーボード山ほどありましたよ。

しかも全然これ良いじゃん!ってやつもチラホラ。

逆に懐かしいアイテムも沢山あって欲しくなりましたけど(笑)

そんな掘り出し物とかあるから中古でも良いって人は見に行ってみるといいですよ。

だから今や中古でも使えるのいっぱいあるし、もうこれ以上無駄な物作らない方がいいんじゃない?

と、私はもう何年も前からずっと思っているので。

当然スノーボードだって余れば無駄になるし、最終的には廃棄しなきゃいけなくなるし。

だからFOSSIL SNOWBOARDは基本予約を頂いた分しか作らない。

そう決めているんです。

昨日のブログでも書きましたけど。

「好きになってくれた人が乗ってくれればいい」ってね。

このやり方が皆さんにとって良いか悪いかはわかりませんが、提供する側と利用する側の信頼関係が大事なんじゃないかと思っているわけで。

例えば飲食店のドタキャンだって、良く知った仲のお店ではやりませんよね?

そうゆう事なんです。

どうゆう事なのかよくわからないかもしれませんが(笑)

とりあえずこのまま書き続けたら止まらなそうなので今日はこの辺にしておきます。

とにかくさっきの番組にもありましたけど、こうゆう問題は提供する側だけでなく利用する側の協力も必要になってくるって事です。

はい、

今日はこんな事を考えながら1日過ごしていましたけど。

やっぱり直前になると何かとバタバタしちゃいます。

え?

何が直前だって?

そりゃー、決まってるじゃないですか。

カナダツアーですよ!!

あと2日で出発です。

毎度自慢みたいでウザいですかね?笑

とにかく明後日出発なので、やっぱり直前になるとあれもこれもとやり残した事やったりとバタバタしちゃいます。

それに今回はいつもより少し人数も多いので、みんなの分の準備や確認もしっかりしておかないとね。

という事で今日もブログアップ遅くなってしまいました。

それでは最後にGWまでの予定も追加しましたのでカレンダーアップします。

予約営業利用方法に関してはコチラで。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。