「試乗会は勉強の場にもなりますよ」って。

この記事をシェアする

今日からハンターマウンテン塩原スキー場でFOSSIL SNOWBOARD試乗できます!!

熊屋さんの方でもお知らせして頂いて、今日は早速利用してくれた方もいたみたいですね。

それで、

最近はFOSSILって言うと。

「ALL MOUNTAINⅡ」「THEPIPE」「NATURAL」への注目が高くて。

それはそれでありがたいんですけど。

実は、(って言うのも変だけど笑)

「BIG MODEL」「PRAK」「STYLE」も良いんですよーーー!!

なので今日はその3モデルの魅力を紹介をします!!

まずはこちら。

「BIG MODEL」は「STYLE」並みにオールラウンドに使えスピード域も高いので、去年カナダ行った時にも持って行った位に万能君なんです。

一番右です。

スピード域は高いけどFOSSILの中ではサイドカーブが深く楽に曲がってくれます。

なのである程度1本で何でもこなしてくれてスピードも出したいなー、って方におススメ。

そして意外と隠れファンの多いモデルなんです。

続いてこちら。

私も最近はあまりキッカーやトリック方面の滑りをする事が少なくなったので正直個人的にはあまり乗る機会がなくなりましたけど。

特にスピン系にはかなり定評があります。

大げさかもしれませんがこのボード乗っただけで半回転は多く回れる「はず」です!(笑)

180°までだった人が360°回れるようになったり、360°だった人が540°って感じで実際にスピンが気持ちよく回れるようになったという経験談も頂いています。

なのでキッカー系と思いきや、ハーフパイプでもトリック重視の方やスピンの練習をするのにも良いんです。

フリースタイル系の方は要チェックですよ。

そして最後は。

「ALL MOUNTAINⅡ」はメンズサイズしか無いので、比較になりませんが。

男女合わせると「NATURAL」に次いで幅広く試乗会では人気あるんですよ。

こちらは2年前に名前を変えていますがしてますが、FOSSIL SNOWBOARD初年度から作っているモデルなのですでに8年の歴史があるんです。

ノーマークだった人もぜひ一度試乗してみてください!!

とってもに楽にコントロールできてカービングからパークまでこなしてくれる1本です。

とまぁそんな感じで。

とにかくFOSSIL SNOWBOARDはモデルごとの個性を強くしているので、乗り比べてみるだけでも楽しめると思います。

『スノーボード講習会』参加された方には必ず言ってますが。

「試乗会は勉強の場にもなりますよ」って。

だから買う買わない抜きでも行った方が良いですよ、って。

色々なボードを乗り比べて違いを知る(体験する)事で、改めて自分のボードの事が分かるようになるし。

自分の目的(好み)のボードじゃなくても乗ってみると見えてくるものがあったりします。

という事で、

ぜひ色々なボードを乗り比べてみてください!!

17日(水)・18日(木)・21日(日)は私もハンターマウンテン塩原スキー場にいますので、じっくり説明を聞きたい方はその日程でお待ちしてます!!

それでは改めて試乗会の詳細はコチラで。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。