あの時使ってたワックスなんですか?

この記事をシェアする

今度の試乗会に向けて昨日1日がかりでワックスがけしたボード達。

全部で16本

いやー、久しぶりこれだけの数をこなしました。

この本数を一気にやろうとすると7時間位かかります、、、

クリーニングして滑走入れてちょい急ぎ目にやっても1本あたり15分位かかるので、16本で4時間位。

剥がす方が多少短い時間で済みますが3時間位はかかるかな。

という感じ。

で、こうゆう時のコツは長いサイズからやる事。

後半にかけて短くなっていくと幾分気持ちが楽になります。

皆さんも覚えておいた方がいいですよ(笑)

それで、

試乗会なんかでしょっちゅう。

「ワックスは何使ってるんでんですか?」

という質問を受けます。

先日はわざわざお店に電話来まして。

「先シーズンFOSSILの試乗会行ったんですけど、あの時使ってたワックスなんですか?」

なんて問い合わせ頂いたり。

そこまで印象に残るってすごいですよね!

というのも、

試乗会でFOSSILのボードが良く走るからだそうです。

ではなぜそれほど違いがあるのか?

「そりゃー、愛情込めてワクシングしてますから」

だけじゃないですね(笑)

当然ワックスの効果があるんですが。

ワックスの説明する前にちょっとだけ自画自賛させて頂きますと。

ボード自体を走りやすい仕組みにしているのもあります。

はい、

それはさてき。

当然ワックスの力も大きいです。

もちろんFOSSIL SNOWBOARDで使っているワックスは、

DOMINATOR WAX!!

間違いなし!!

今シーズンからは公式にサポートして頂いています。

その話しはコチラで。

じゃあその中でも何のワックスを使っているかと言うと。

メインは「HYPER ZOOM」

真ん中の紫色のやつです。

それと硬めのワックスを混ぜているんですが。

混ぜるワックスは時期や場所によって少し変えています。

PSYCHOを使う時もあります。

今回のハンターマウンテンは人工雪も混じったかなりしっかりした雪なので、硬い成分を多めにするためお試しで市販されてないやつなんですけどガチガチのワックスを使ってみました。

なので、

試乗会ではワックス(滑り)の違いも体感してください!!

愛情込めてワクシングしたのでーーー!!

という事で、

パッキングも完了!!

ハンターマウンテンに向けて出発です。

試乗会の詳細につきましてはこちらのブログで。

1月17日・18日・21日は私もハンターマウンテンにいますのでぜひ遊びに来てください!

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。