スノーボード屋は間違いなく無くなるでしょう。

この記事をシェアする

最近、サッカーだ野球だの話しが多かったので、たまには真面目なスノーボードの話し(笑)かな?

それでは、

最近ネットなんかでも「〇〇年後には無くなる職業」みたいな記事を目にしますよね。

こんな感じに。

どこまでどうなるか分かりませんけど、実際にもう必要無い仕事も増えてるわけだし。

たぶんかなり変わって行くのは間違いないですよね。

皆さんの職業はどうですか?

それで、

この前、逗子呑みイベントに参加した時。逗子海岸で食事をしながら海を眺めていると。

中学生?高校生?位の男女4人が浜辺で遊んでる?

んだけど、

4人ともずーーーーーっと、スマートフォンをいじっていて。

会話もそこそこ。

わざわざ海まで来て何してるんだろ?

なんて思ったけど、今はそれが当たり前。

私が子供の頃は駆けずり回って、海入って、砂に人埋めたりして遊んでましたけどね(笑)

昔しみたいに「子供は元気に走り回って遊べ」って言ってもやらないですよね。

そして、小学生や中学生の子供がいる友達は、

「子供に携帯持たせてる?」

なんて話しをよくしています。

でも、たぶんあと何年もすればそんな議論が出ない位に誰もが当たり前にスマートフォンを手にする時代が来ますよね。

そうなると、極論学校も必要無くなるんじゃない?

だって数学なんか勉強しなくてもスマホで計算すればいいし。

日本史や地理、社会など分からない事は検索すればすぐに出て来るし。

英語だって翻訳してくれるし。

学校に行って勉強する時間がもったいないなんて事にもなりかねない。

可能性としては十分ありますよね。

それで、ちょっと話しそれましたけど。

これだけの職業が無くなると言われてたら、

スノーボード屋は間違いなく無くなるでしょう。

スノーボード屋をしている人が何を言ってるかとお思いでしょうが。

可能性としては大いにありますよね。

可能性がある限りそう思って行動しなくてはいけないのです。

「そんな事無い」と言って、昔しのままのやり方をしていれば取り残されてしまいます。

だって、

もはや当然ですけど買い物はインターネットですればいいし。

スノーボード選ぶのはメーカー主催の試乗会に行けばいいし。

商品を見たかったらメーカーが展示会を一般開放すれば皆がすぐに新しい商品を見れるし。

FOSSILみたいにね(笑)

その後も直営店とかショールームとかあれば十分。

場所を借りるのが大変なら、↑上の写真の「Amigo」さんの昼間の時間だけ借りてスノーボード並べて展示するとかでもいいし。

ウェアーとかもちょっとシステム構築すればネットでも試着イメージ作れるから遠方からでも選べるし。

今はネットで買い物する事に慣れてるからそれでも十分。

それで、その場で注文できればお店なんか必要無くなるでしょ。

むしろ、その方がお客さん達が便利ならそうするべき。

いちいちお店を通す必要なんか無い。

メーカーだって本当はそう思ってるはず?

BURTONさんやVOLCOMさんだって展示会に誰でも行けて、試着して選べたら良いですよね。

だって、こんなにいっぱい揃ってるんですよ。

なのに最近はいつもガラガラ、、、

お店の人が来ないから。

だったらメーカーが直接お客さん入れてやりとりすればお店は必要無くなるし、中間マージンも必要無く価格も下げられるしメーカーの利益も確保できる。

そしたらメーカーもハッピーだしお客さんもハッピー。

取り残されるのはお店だけ。

あと、

昔はプロショップの人がスノーボードを教えたりしてたみたいだけど(私はプロショップと言われるところに通った事がありません)

今はスクールがいっぱいあるからみんなそっちで教えてもらってるし。

YouTubeで一流の滑りを見て練習してます。

だから、

いつまでも、

「プロショップに行って買い物しましょう」なんて言ってる場合じゃない。

地球の裏側にいたって、無料で顔見て話せる時代なんだから。

わざわざ、お店行って話ししなくてもいい。

という時代が来る可能性が十分あります。

なんか、

お店の悪口ばっかり言っているようですけど。

私も現役バリバリのスノーボード屋さんですので(笑)

だからこそお店のあり方も分かっているつもりです。

そしてメーカーの立場もよく分かっているし。

じゃあそんな時にスノーボード屋さんは何すればいいの?って話しです。

ただ仕入れた物を売ってるんじゃなくて、

誰かの役に立ち、人のためになる事を実践し行動していかないとね。

って事です。

しかし、

残念ながらnewestは載っていませんでした(笑)

じゃあ、10年後、20年後も活躍できる仕事目指して頑張りましょう。

それでは本日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を立ち上げる。2017年「DOMINATOR WAXアドバイザー」として契約。シーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中スノーボードの楽しさを伝えています。