【4日目】カナダ・ウィスラーブラッコムツアー

この記事をシェアする

滑走3日目のこの日はブラッコム狙いで。

ちなみにウィスラーブラッコムはウィスラー山とブラッコム山と2の山を合わせたゲレンデなんですけど、ベースは一緒です。

左がブラッコムゴンドラ乗り場。

右がウィスラーゴンドラ乗り場。

こんな感じにゴンドラ乗り場が隣り合わせになっていますので。

朝はどちらの山を上がるかが重要になってきます。

そして昨日も書きましたけど、ちょくちょくリフト&コースのオープン状況を確認しながら行動しないと移動に無駄な時間を使ってしまいます。

今日の狙いは「7TH HEAVEN」

こちらがどんなコースかと言いますと。

出だしは森林限界のオープンバーン。

徐々に林に入って行き。

後半は広ーーーい林間コース。

とにかくコース幅が広く快適に滑れるので人気のコースでもありますね。

そして、画像をご覧の通り圧雪コースでも少し積もっている感じなので。

これはコース外(コース外と言ってもちゃんとゲレンデの中です)はかなり良いんじゃないかと言う事で。

ここから動画集です。

達也君

米倉さん(コケます)

名取

それでは、ここで一旦CMです。

私の今日の使用ボードは「BIG MODEL156」

今回のカナダツアーには「ALLMOUNTAINⅡ」「NATURAL157」「BIGMODEL156」を持って来まして。

今日も間違いなく「ALLMOUNTAINⅡ」日和だったんですけど、せっかく持って来たからという事で出動。

でも、FOSSIL最強のオールラウンダーはこんな時でもストレス無く使えますよ。

【BIGMODELの情報はコチラ】

ちなみに他のメンバーは毎日「ALLMOUNTAINⅡ」が手放せないようです。

【ALLMOUNTAINⅡの情報はコチラ】

はい、CM終わりまーす。

そして「7TH HEAVEN」も名残惜しいところですが。

この調子だとあっちも良いんじゃない?

という事で「7TH HEAVEN」のすぐ裏になるコース「GLACIER」へ移動。

すると、やっぱり良い感じじゃないですか!!

思わず見とれてしまいますよねー

寝っ転がって眺めてみたり。

楽しみ方は自由です。

てか、その前にこれがコースかよ!

って感じですよね。

そんな様子はここからまた動画集です。

米倉さん、力穏君、達也君

住吉君

また転ぶ米倉さん(笑)

自分達が降りて来た斜面を眺め感無量、、、

視線の先がコチラ。

でも、まだまだ続きますよ。

力穏君

いや~、本当良かったな~

いえーい、って感じ。

でも、これだけ満喫してもまだ午前中なんです。

しかしあまりガッツかないで、ここらでしっかり休憩。

これがウィスラー流?です。

それで、今はお祭り期間中だと先日のブログでも書きましたが。

滑りはもう十分満喫したのでせっかくなので、そのイベントの一つ「BOARDER STYLE」という大会をやっているので観戦に。

こちらボーダークロスが元になっているんですけどアイテムが凄いんです。

プールがあったり

木の間を抜けてて行かなきゃいけなかったり

最後にキッカーがあるのはボーダークロスでもよくある事ですけど。

こちらは最後のキッカーで360°以上を回さないといけないという縛り付き!!

またまた動画でお伝えするとこんな感じです。

そんな感じで今日も大・大・大満足で終了。

こんなに毎日良いコンディションで滑れるなんて奇跡に近いですね。

今日の動画はこの他にも沢山アップしていますので、よかったらTwitterで見てください。

Twitterは登録していない人でも見れますので。

【名取崇史Twitter】

しかし早くも明日は滑走最終日!!

どんな1日になるでしょうか。

それでは本日はここまで。

The following two tabs change content below.
名取崇史
1977年・神奈川県逗子生まれ。高校生の時にスノーボードを始め、20歳から7シーズン山で過ごした後、国内スノーボードメーカーに5年勤務。2010年から横浜のスノーボード専門店「newest」を引き継ぎ、同時に自身でプロデュースするスノーボードブランド「FOSSIL SNOWBOARD」を始める。現在もシーズンはもちろん夏は室内ゲレンデなどを利用し、1年中滑りながらスノーボードの楽しさを伝えています。